こんにちは、マモルです。

まず、「対面個人セッション」の9月限定の時間延長、本日をもって、終了とさせていただきます。期間中、セッションをお受けいただいた皆様、ありがとうございました。またどこかのタイミングでやるかもしれませんが、いったんもとに戻しますね。

基本的に個人セッションでやらせていただいていることは、その方の囚われているもの・思い込み・ブロックを外す、ということなんですが、ご相談者の側からみたときに、一方的に“あなたにはこんなブロックがありますね”と指摘されて、よくわからないけど外される、という「受動的セッション」と、自分で自分の思い込みに気づき、それに納得して、その上で外してもらう、という「能動的セッション」では、やはり後者の方が、圧倒的に“腹落ち感”が違います。そして、日常に戻ったときに、自分の変化を、しっかり感じ取っていただけるようです。

というのも、せっかく思い込みやブロックを外しても、日常生活の中で、いつしかまたもとに戻ってしまう、というケースもあるんですよね。

それは、まず第一に、自分がそうした思い込みやブロックがある状態に慣れすぎていて、せっかくの変化を「違和感」ととらえ、わざわざ慣れ親しんだ苦しい状況の方に戻ろうとしてしまうケース。次に、周囲からの目線が強すぎて、それに負けてしまうケース。「以前のあなたはそんな人ではなかったのに、いったいどうしちゃったの?」という周囲からのリクエストを受け取ってしまい、そのリクエストに応えようとすると、戻ってしまいます。

そういう意味では、私のセッションに限らず、何らかのブロック外しのような施術を受けた後は、できるだけ意識的に、これまでとは違う行動をとった方がいいです。いつもと違うルートで通勤するとか、いつもと違う店、いつもと違う人たちとランチをとるとか。家族とも、ちょっと距離をおいてみるとか。当然ながら、新鮮で刺激があるので、「違和感」を感じる余地がなくなります。

そして、あなたの変化変容を邪魔するのは、いつも、周りにいる、ごく親しい人たちです。その人たちは、その人たちなりに、「あなたはこういう人だ」という認識をもっています。そして、その認識からあなたが逸脱すると、「何かおかしい、変わってしまった」として、その人なりの善意から、元に戻そうと働きかけてきます。その善意を受け取ってしまうと、もとの黙阿弥になってしまいます。

というわけで、自分を変えていくことを決意したなら、意識的に、とる行動も変えていく。人づきあいも、変化させていく。ほんのわずかでもいいので、「これまでとは違う自分」を、意識的に演じていきましょう。そうすることで、さらに、変化変容が加速していきます。

皆様が、自分の本質にのっとった最高最善の人生を生きることができるよう、これからも、そのサポートをさせていただければ幸いです。

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!10月までのスケジュール、公開中しています!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!