こんにちは、マモルです。

またまた昨日のブログの続き、というか、ちょっとこぼれ話。

無事、伊勢神宮へのお詣りを済ませたわけですが、今回、外宮内宮の間の移動は、バスを使いました。

そのバス停(伊勢市駅前)に、こんなオブジェが。

そう、勾玉(まがたま)ですね。古代の装身具で、祭祀にも使われたとされていますが、詳細は、いまだよくわかっていません。

で、なんでこの勾玉が気になって写真まで撮っちゃったかというと・・・実は、この伊勢神宮へのお詣りのきっかけとなった、6月5日の勉強会のテーマの一つが、「勾玉」だったんですね。(※そのときのブログはこちら

詳しいことは控えさせていただきますが、「勾玉」は、日本神道の中核ともいえる存在なんだそうです。

そして、勾玉を身につける場合、実は、向きによって、エネルギーの入り方が違うそう。

仮に首飾りとして身につける場合ですと・・・勾玉のしっぽ(?)部分が下の方を向いていて、かつ、自分からみたら左側に、正面から見たら右側に向いている方がいいんだそうです。その逆だと、エネルギーが4分の1ぐらいになる、とのこと。

フリーのイラストで探してみたんですが、あまりわかりやすいものがなく(涙)、イメージとしては、下記のイラストの感じが近いですね。この状態で、勾玉をまっすぐ下に下げた形、という感じでしょうか。

まあ、勾玉に関しては、ネットで検索するといろいろな説や主張が出てきますので、あくまで今回の勉強会で教わった話として、ということですが、もし勾玉のアクセサリーやグッズなどをお持ちの方は、よかったら試してみてはいかがでしょうか?(私は残念ながら持ってませんが)

いや、日本の神様の話って、本当に奥が深いです。引き続き、勉強していきたいと思います。

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!7月・8月スケジュール公開してますよ!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!