こんにちは、マモルです。

もう1回、昨日のブログの続きです。実は今回の「自分自身を知り、最高最善を生きるWS」の1日目には、ファシリテーターのシャルレーヌ・サラさんが、2日目には、新しくファシリテーターに加わった、神之関結(かんのせき・ゆい)さんが、研修・サポートを兼ねて参加してくれていました。

で、今回は、2日目の話。結さんも一緒に、皆でヘミシンクを聴いて、体験をしていきます。

すると、結さん。

「先日お会いした玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)が出てきて、もっと女性性を高めなさい、って、メッセージをくれました。そして、Aさんにも渡してね、って、ピンクの光の玉をもらいました」

ここでちょっと説明しますと、実は先日21日(月)、千葉・一宮へ、「アクアヴィジョン・アカデミー」代表の坂本政道さんとの打ち合わせに伺った際、帰りにちょっと寄り道して、玉前神社にお詣りしたんですね。

上総国一之宮の霊験あらたかな神社。御祭神は、玉依姫命海を司る海神様の娘で、神武天皇のお母さんにあたる神様です。

で、この参拝のとき、結さんは、玉依姫の姿が見え、何か玉のようなものをいただいていたんだそうです(写真はそのときの後ろ姿・・・ちなみに、同行していた私には何も無し)。

そういうことがあり、今回のWSで、また玉依姫命が出てきてくれたみたいで、結ちゃんとAさんへの共通のメッセージとして、“女性性を高めなさい”と伝え、あらためてピンクの玉をくれたみたいなんですね。(だから私は何ももらえなかったのか・・・しつこい)

で、この日、最後のヘミシンクワークの中で、結さんは、その玉を、Aさんに渡したそうなんです。

すると、Aさん。

「ピンクの光の玉、渡してくれたの、わかりました。急にピンクの光が輝きだして、すごく明るくてまぶしくて、たぶんそうなんだろうな、とは思ってたんです。そして、その光の中で、お爺さんの神様や、乙姫様みたいな神様と会ったんです」

とのこと。

おそらくですが、出会った“乙姫様みたいな神様”は、玉依姫命だったのではないかと

後で聞いてみると、A様のご実家は海岸のそばで、近くに海の神様を祀る大きな神社があり、よく家族で参拝していたとのこと。玉依姫命は海の神様の娘ですし、白ヘビさん、そして宇賀神様も、海や水の神様・弁天様とつながっていますので、たぶん過去世だったり、家系だったりで、何らかのご縁があったのでしょう。

というわけで、Aさんは、初日に私を通じて白ヘビさんを受け取り、2日目に、結さんを通じて、玉依姫命からのピンクの光の玉を受け取るという・・・なんともまあ、”お宝三昧のWS”となったわけでした。いや、ちょっとなんだかうらやましいぐらいですね。

ま、私達ファシリテーターは、参加者の皆様のお役に立てればナンボですし、これはこれでOK。あなたもWSに参加すると、私達を通じて、いろいろお宝を受け取れるかもしれませんよ!?お申込み、お待ちしています!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!7月・8月のスケジュール、公開中です!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!あ、6月前半はお休みです。ご了承くださいませ。