こんにちは、マモルです。

さてさて、またまた、昨日のブログの続きです。ライフパスアカデミーハイヤーセルフとつながるワークショップ」。LPAオーガナイザー・あべけいこの高次存在によるアクティベーションの中で、“並行現実”、いわゆる“パラレルワールド”について、こんな話が飛び出しました。ちょっと書き起こしますね。

「あなた方はいつでも幸せをつかめる。

しかし、あなた方の曲解グセによって、あなた方は、たびたび、誤ったタイムラインへと進んでしまう。

“並行現実”という言葉を聞いたことがあるだろう。

それを私達は、“光の道筋(みちすじ)”と呼んでいる。

それは、あなた方の前に、おおむね8~10本、多い人なら16本程度、少なくとも2~3本、目の前から未来に向かって流れている。そして、この中で、一番エネルギー的に濃くなってしまっている未来に、私たちは行きやすい。

そして、今、このアセンションの時期には、どれだけエネルギーが濃い道筋があるとしても、エネルギーの薄い方に飛び移ることもできる。

私たちはいま、あなた方の目の前の、エネルギー的に濃くなってしまっている、しかしあまりよろしくない未来へむかう道筋というものを、できるだけ消して、よりよろしい未来へとつながっている道筋、そのエネルギーコードを広げているのです」

なんと、WSの中で、“並行現実”理論についての解説があろうとは!

まとめると、私たちの前には、人によってその数は異なるものの、複数の未来への道筋があって、一番エネルギーが濃い道筋に進まされやすい、ということのようですね。

で、WSでは、参加者のよりよい未来につながる方の道筋のエネルギーを強化し、悪い未来につながりそうな道筋のエネルギーを消している、ということのようです。それを、参加者のWS時点での段階に応じて、最適・最善な形で行っているというわけですね。

まあ、一言でいえば、「悪いエネルギーを浄化して、よいエネルギーを強めている」ということなんですが、高次の存在は、“並行現実”のことを“光の道筋”と呼んでいるんだ、ということを教科書的に教えてもらえたのも、このWSならではのことですね。また一つ勉強になりました。

そしてその具体的な進め方は、今回のWSの場合、主には、火の神様に来ていただいて、悪いエネルギーを集めて燃やし尽くし、さらに水の神様に来ていただいて洗い清め、そしてシリウスの高次存在から、それぞれに必要なエネルギー漬けがなされる・・・そういうプロセスで進められていたようです。このあたり、私の拙い文章ではなかなかご理解いただけないかもしれませんが・・・正直、凄いです。

そして、こうした一連の流れは、ライフパス・アカデミー」の全てのWSで行われています。あべ以外のファシリテーターが開催する場合でも同じです。必ずエネルギーは、最適・最善な形で、変化変容されていきます。

23日水曜日は、WSの中でも、最も基礎基本となる、クリアリングWSを開催予定。どうぞ一緒に、よりよい“光の道筋”に向かいませんか?お申込み、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル

ライフパス・アカデミーWSのスケジュールはこちら!
★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!