こんにちは、マモルです。

昨日のブログの中で、ちょっとだけ、「恋愛関係」について触れました。せっかくの流れなので、恋愛の話をひとつ。

主に女性からのご相談で、「恋人がほしい、結婚したい・・・でも、周囲に、好きになれるような、いい男がいない」という話が、よく出てきます。で、さらに話を聞いていくと、「別に高望みをしているわけじゃない、ただ、自分を大事にしてくれる男性がいい」と言います。

「自分を大事にしてくれる男性がいい」、さて、この言葉の裏側にあるものはなんでしょうか?

たぶん、皆さん、おわかりですね。「自分は、誰にも大事にされていない、愛されていない」という思いです。実際には、両親・家族・友人などが、大事にして愛してくれているのかもしれません。でも、本人は、「私は大事にされていない、愛されていない」と、思い込んでいます。

これ、「お金がほしい」の裏側が、「お金がない」という思いであるのと、同じことです。「お金がほしい、お金がほしい、お金がほしい」と強く思い続けることは、「私は今お金がない、お金がない、お金がない」と強く意識する、ということと同じ意味を持ちます。で、「お金がない」という現実の方が引き寄せられる・・・これを、「振り子の法則」と言います。

話を戻しますと、「私を大事にしてくれる人がいい」と強く思っているということは、その裏側で、「私は、誰からも大事にされない存在なのだ」と、自分が強く思い込んでいるということになるんですね。裏側という言葉がわかりにくければ、“潜在意識下にあるブロック”と言い換えてもいいです。要は、「私は誰からも大事にされない」という自己否定の思い込みがあるから、その自己否定に見合う形で、「誰からも大事にされない」現実が創られていく、ということです。恋愛関係に限りませんけどね。

では、どうすればいいか?

まず始めることは、「自己否定をやめ、自分で自分を大事にする」ことです。スピリチュアル的な言い方をすれば、「自分自身を愛で満たす」という感じでしょうか。まず自分の日常を、楽しく喜びにあふれたものにすること。投げやりにならずに、目の前のひとつひとつのことに、優しく丁寧に向き合っていくこと。そうするうちに、「今、たまたま恋人はいないけれど、毎日は楽しいし、元気だし、いつも笑顔でがんばってるし、私もなかなか、いい女だよね」と、自分を認められるようになってきます。

そして、自分を認められるようになれば、それに伴い、他人を認めることも、できるようになります。実はここがキモ。他人を認められるようになる⇒今まで「いい人」とは思えなかった人が、「いい人」だと思えるようになる⇒それまで自分の周囲には全く「いい人」はいないと思っていたけれど、気づいてみたら、恋人候補にしてもいいような男性って、けっこういるじゃん、と思えるようになる、という流れが起きます。

そうなると、「周囲にいい人がいない」という言葉は、もう使えなくなりますよね。

「自己否定」をしているうちは、同時に、「他人も否定」しています。だから、周囲にいい人がいない。恋人ができない。仮に恋人ができたとしても、付き合っていても苦しいばかりで、長くは続かない。

ですから、いい恋愛・結婚をしたければ、まずは「自己否定」をやめましょう。

ま、そこから先、実際に恋愛関係に進めるかどうかは、また次のステップの話になるんですが・・・大前提として。逆に、ちゃんと自分を大事にして、「自己肯定感」をもつことができれば、男性からのお誘いを待つことなく、自分からアプローチしていったりもできるはずです。

このあたり、そうは言っても、「なかなか自分を変えるのは難しいよー」と思うかもしれません。でも、「ライフパス・アカデミー」のワークショップを利用したり、信頼できるヒーラー・セラピストのサポートを受けたりすることで、きっと変化変容していくことができると思いますよ。一応、私の個人セッションでも、ご相談をお受けしております・・・ま、恋愛の手練手管や駆け引きみたいなところになると、まったくお役にたてませんけどね(笑)。

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!