こんにちは、マモルです。

本日も、「アクアヴィジョン・アカデミー」の「トータルセルフ体験コース」での話。といっても、ヘミシンク体験の話ではありません。

実は、今回の参加者は、皆さん、私よりヘミシンク体験も豊富で、精神世界にも非常に詳しい先達者ばかり。体験のシェアをすると、その感想から、新しい気づきやより深い理解につながっていくことが多く、休み時間のおしゃべりの内容も含め、もうすべての時間が、大変貴重な機会となりました。

その中で一つ、最も印象に残ったのが、5泊6日の合宿セミナーに、再受講も含めて、もう15回も参加している、という猛者のTさんの言葉。

「この現実世界を生きるというのは、どういうことか?それは、一言で言うと、“五感を感じる”ということ」

「魂は意識体であり、自由な存在で、輪廻転生する永遠の存在でもある。だから、その自由な魂の視点から見れば、わざわざ肉体をもって不自由に生きるという体験をすることそのものが、この現実世界を生きる意味と言える。であれば、この現実世界で生きるということは、つまり、肉体の感覚をたっぷり使う、たっぷり味わって生きるということ、つまり、五感をしっかり味わい尽くして生きましょう、ということになる」

「だから、せっかく肉体を持って現実世界に生まれてきているんだから、現実世界では、肉体があるがゆえに感じることができること、五感で感じることに集中しさえすれば、それでいい、ということじゃないのかな」

うーん、ヘミシンクで様々なフォーカスレベルを体験し、探求・探索を続けてきた人だからこそ、すでに、一周回り尽くした人だからこそ、言える言葉ですねぇ。奥が深い、深すぎる。

ついつい、見えない世界とつながって、現実世界だけではなかなか得られない知覚や知見を得ようとしてしまいますが・・・、本当は、現実世界を、現実世界のレベルのまま、肉体・五感をもって味わい尽くすことにこそ、意味があるのかも?しれませんね。

とは言いつつ、現実世界は、やはりなかなか不自由な世界でして、自由な世界・見えない世界への憧れは、なかなか尽きません。

何より、まだ、一周回るどころか、半分も10分の1も行ってないし。やっぱり、自分でしっかり体験して、それからですよね。先達のお言葉はお言葉として受け止めつつ、これからも、見えない世界の探求・探索を続けていきたい、と思いました。

というわけで、いよいよ来週14日(月)15日(火)の2日間は、「ライフパス・アカデミー」の「ハイヤーセルフとつながるWS」です。私もサポートで参加します。楽しんできます!

そして、「アクアヴィジョン・アカデミー」の1日・2日セミナーは、「ライフパス・アカデミー」よりもコースも多く、大変充実しています。日本のヘミシンク界の本家本元ですし、先達者も多くいらっしゃるので、また素晴らしい体験ができると思います。どうぞ、“2つのアカデミー”をそれぞれ受講して、充実した体験につなげてくださいね!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!