こんにちは、マモルです。

昨日の朝、ブログで、「ミランダ・カーもどき」ハイヤーセルフのお話をアップさせていただいたら、なんとそれからまもなくして、ミランダ・カー、第2子を出産、名前も公表の記事が・・・なんだこのシンクロ。とりあえず、お祝いを。

ミランダさん、おめでとうございます!いや、めでたい!

さて、本日も、引き続き、「アクアヴィジョン・アカデミー」の「トータルセルフ体験コース」での話。

このコースの中で、「ビルス様もどき」と「ミランダ・カーもどき」の、2人?のハイヤーセルフに出会えたことについては、すでにお伝えした通りですね。

で、このとき、一緒に参加したNさんが、あまり「エクスコム」「ハイヤーセルフ」「トータルセルフ」について、視覚的イメージとしては、ハッキリわからなかったそうで(※Nさんは“身体感覚”とか”聴覚”優先のタイプみたいなので、もちろん、感覚としては、しっかり体験・交流されています)、後半のセッションで、こうお願いしたそうです。

「ハッキリとしたイメージ、ハッキリとした姿で見せてほしい」

すると、Nさんのハイヤーセルフからは、こんな回答が返ってきたそう。

「見え方、感じ方は、人によって違う。自分のガイドやハイヤーセルフを、自分がどのように見るかも、自分で決めている。自分の世界は、すべて自分が創っているのだ」

そうです、大事なことを忘れていました。

自分の世界は、すべて自分が創っている。ということは、私がハイヤーセルフとして見えた「ビルス様もどき」「ミランダ・カーもどき」も、要は、自分の見たいように見た結果、そのような姿に見えている、ということですね。もちろん、では、なぜそういうイメージで見ようとしているのか、という理由については、まだ何もわからないのですが、きっと何か、意味があるのでしょう。そしてそれは、いずれ時期がきたら、わかることなのだろうと思います。あべけいこさんの初セッションから3年すぎたタイミングで、「ミランダ・カーもどき」に再会した、ということの意味も含めて。

とすると、やっぱり、これからも、体験を積み重ねていくしかない。

細かい説明は割愛しますが、今回の「トータルセルフ体験コース」では、フォーカスレベルとして、フォーカス27とフォーカス34/35の世界を体験しています。ここから上は、さらにフォーカス42、フォーカス49という世界があって、さらに上の世界も広がっています。まだまだ、未体験の世界があります。きっと、そういう未体験の世界の探索を続けていくうちに、いろいろなことがわかっていくんでしょうね。

それに気づかせてくれた、Nさんにも感謝です。

「目の前に起きることは、全て自分が創っており、そのときの自分にとって、最高最善のことが起きている」ということを、あらためてしっかり自覚して、また前に進んでいきたいと思います。

ま、もしかしたら、来週の「ハイヤーセルフとつながるWS」で、早々にその意味がわかったりすると嬉しいな、なんて思ったりもしていますが(笑)。何が起きるか、楽しみです!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!