こんにちは、マモルです。

昨日のブログの続きです。「アクアヴィジョン・アカデミー」の「ト―タルセルフ体験コース」初日にて、私のハイヤーセルフ、「ビルス様もどき」に、無事出会うことができたのですが、その余韻も冷めやらぬ翌日の2日目、さらにもう1人のハイヤーセルフ?にも出会ってしまいました(笑)。

というのも、先日のブログで、「ハイヤーセルフの集団を、“EXCOM(エクスコム/代表委員会)”と呼ぶ」という話をお伝えしましたが、コースの2日目に、『エクスコムにアクセスする』というセッションがあったんですね。この「エクスコム」は、だいたい10名ほどの存在達によって構成されているらしく、各メンバーと交流・交信してみましょう、という内容だったんです。

というわけで、まずはさっそく、自分のトータルセルフにアクセス。そこで、まず最初に、「ビルス様もどき」に会い、その上で、他のメンバーにも会いたい、姿を見せてほしい、と依頼。中心部に白い10人がけぐらいの円形のテーブルをイメージし、さらに、椅子に各メンバーが座っているイメージをします。

すると・・・姿は明確に見えないのですが、なんとなく、各椅子にそれぞれ何らかの存在がいる感じが伺えました。しかし、どうにもボンヤリとしています。心の中で、「誰か一人でもいいので、もっとしっかりと姿を見せてください」と、さらにお願いしてみます。

そうすると、奥の方に座っている存在が、少しずつ、明確に見えてきました。宇宙服のようなピタッと身体に張り付いたようなスーツを着て、どうやら女性らしい。ふわっとした金髪の髪、そして顔もはっきり見えてきました。そう、それは、まさしく、こんな美女。

そう、その姿は、まさしく、国際モデルの「ミランダ・カー」さん、だったのです!(※画像は、CMに出演されている「たかの友梨ビューティクリニック」のHPからお借りしました)

で、このとき、思い出したことがひとつ。

実は、今から3年前、初めて、あべけいこさんのセッションを受けたとき、こういわれたんですね。

「マモルさんのハートのところから、金髪のきれいな女性がでてきました。えーとね、例えると、ミランダ・カーさんみたいな感じの、すごくきれいな外国人の女性。でね、いろいろ煤けてるんで、ちょっとお掃除しましょうって、今、はたきを持って、パタパタやってます。あ、あまりに煙くて、咳込んでる…ゲフンゲフン」

そう、そのとき、彼女は、私の心の中のお掃除を、してくれていたみたいなんですね。

「そして、メッセージとしては、もっとリラックスしなさい、って。もっとリラックスして、楽しみなさ~い、って、言ってますよ」

しかし、それ以降、あべさんのセッションでも、私が自分で高次存在とつながろうとしたときも、彼女は、一度も出てきたことがなかったのです。

ところが、3年を経て、なんとこのタイミングでの再会。いや、自分で直接その姿を見るのは初めてなんで、これが初対面なのか・・・なんて混乱していたら、彼女は、立ち上がって近づいてきて、こう言いました。

「ようやく来たわね~、待ってましたよ」

早かったのか遅かったのかわかりませんが、こうして再会することは、どうやら既定路線だったようですね。あらためて、驚きました。

そして、彼女はこう言います。

「次は、現実世界に戻って、私を探しなさい」

へ?へ?へ? どゆ意味?

と目を白黒させていたところ、「それでは、もう帰る時間です・・・」とのアナウンス。それとともに、周囲の様子がぼやけ始め、彼女の姿も声も、遠くなります。

「いいわね、探すのよ・・・」

いや、そんなこと言われても。現実世界で、ミランダ・カーさんに会うチャンスなど、まずないでしょ!

そんなモヤモヤを抱えつつ、現実世界に帰還。さっそく、この体験について、皆にシェアします。

「いや、現実世界で探せ、と言われてもねぇ。ミランダさんに似た美人を探しなさい、ということですかね・・・ふふふ(←なんとなくちょっと嬉しい)」

すると、参加者の1人Kさん(私など足元にも及ばない、精神世界に大変詳しい方)から、こんな意見が。

「ミランダ・カーって、モデルさんだけど、スピリチュアル・リーダーのルイーズ・ヘイの影響を受けていて、自分でも、自己啓発に近い内容の本を出しているんだよねぇ。それを探して読みなさい、ってことじゃない?」

え、そうなの?知らなかったので、さっそく検索してみると、確かに、ありました。2011年の著書、トレジャー・ユアセルフ。なるほど、カスタマー・レビューを読んでみると、いろんなアファメーションが紹介されるなど、「ポジティブになれる本」として、高評価のコメントが目白押しです。

というわけで、帰ってさっそく、通販サイトでポチッとしてみました。いい年齢のオッサンにも関わらず・・・(笑)。まだ届いてませんが、楽しみに待ちたいと思います。

そして、この「ミランダ・カーもどき(失礼!)」が、本当に自分の「エクスコム」の構成員で、ハイヤーセルフの1人なのだとしたら、来週の、「ハイヤーセルフとつながるWS」で、また彼女に会えるかもしれません。ちょっと下心(笑)。いや、また楽しみが増えました。

というわけで、来週の「ハイヤーセルフとつながるWS」にご参加いただくと、なんだかニヤニヤ・オタオタしている私を見て笑えるかも?しれませんよ。まだお席、ございます!お申込み、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!