こんにちは、マモルです。

昨日のブログで、「頭寒足熱」のことを書かせていただきました。

ここから東洋医学的な話になりますが、人体には、「陽の気」と「陰の気」があります。ざっくりいうと、「陽の気」は、熱=体温。「陰の気」は、水=様々な体液の流れ。そして、この「陽の気」と「陰の気」が、うまく混じりあって安定することが、心身の健康につながります。「陰陽和合」です。

「陽の気」は、上にあがりやすい。熱ですからね。ほっとくと、どんどん上にあがっていきます。

「陰の気」は、下にたまりやすい。水ですから、上流から下流へ。

とすると、頭を冷やさないと、頭にどんどん「陽の気」がたまっていきます。そうすると、どんどん興奮が高まり、思考や感情のコントロールができなくなります。そして、暴走します。

一方、足元を温めないと、どんどん下半身に「陰の気」がたまっていき、全身への血の流れ、体液の流れが悪くなります。そうすると、身体は「冷えて」「重く」なり、体調はどんどん悪くなっていきます。これが、病気の入口、第一歩です。

こう考えてくると、「頭寒足熱」は、人体の「陽の気」と「陰の気」をうまく和合させるために、大切なことなんですね。

なんとなくいつも体調が悪い、気分がすぐれない、気持ちが落ち着かない、でも病院に行っても病気と診断されるわけでもなく、明確な理由や原因がわからない・・・という方は、この「陽の気」と「陰の気」がうまく和合できておらず、バランスがとれていない、という状況にあると思われます。ですので、よかったら、「頭寒足熱」にとりくんでみてください。地道に続けていくと、きっといい変化が感じられると思いますよ。

なお、優先してやってほしいのは、「頭寒」ではなく、「足熱」の方。まず、温めることです。リラックスして体がゆるめば、それに連動して、頭の方もゆるんできて、いろいろ楽になりますよ。そのためにも、やっぱり「お風呂」、「足湯」、「湯たんぽ」、などがおススメですね。

ちなみにこのあたり、エモーションフリー」が実はボディワークである、ということにも連動してる、とも言えるかも。(ちょっとPR)

きょうも明るいほうへ  マモル

★「個人セッション」お申込み受付中!なお、来月は、長期研修のため、また1か月間、お休みをいただく予定です。ですので、この2月は、「御礼とお詫びの半額キャンペーン」実施中!よろしければこの機会にぜひどうぞ!