こんにちは、マモルです。

この3日間のブログで、ずっとテレビがらみの話をしておきながら、手の平返しみたいで恐縮ですが、テレビの「つけっぱなし」「ダラダラ視聴」はやめましょう。観たい番組があれば観ればいいです。でも、観終わったら、スパッと消しましょう。

自分が過去に放送業界にいながらこんなことをいうのもなんですが、テレビからは、たくさんの情報が、一方的に届けられます。でも、その大半は、”知らなくてもいい” ”いま知らなくても、後で知りたくなったときに調べてわかればそれでいい” ”録画しておいて、観たくなったときに観ればそれでいい” 情報でしょう。災害時とか緊急時の速報等は別にして、今はネットもありますし、必要なときに、必要な情報を検索して知ることができれば、それでいいんです。

何より、一番怖いのは、思考が混乱させられることです。テレビ番組の製作者は、「観てもらいたい」わけですから、あの手この手で、興味をあおるように番組を制作しています。心理学的分析もふまえ、どうすれば視聴者の興味をそそれるか、画面に惹きつけられるかを徹底研究しています。ですので、テレビをつけっぱなしにしていると、知らず知らずのうちに、その内容にひきつけられます。そして、不要な情報が頭の中に入り込み、本来、「今ここ」でやるべきこと・取り組むべきことへの集中が途切れてしまいます。そして、不要な情報に思考がひっぱられることが続くと、だんだん、物事をちゃんと考えることができなくなっていきます。思考の精度が落ちると、大事なときの判断・選択に影響してきます。

また、テレビをつけっぱなしにする、ダラダラ見続けるということは、その間、自分の外側の世界だけを観ているということでもあります。それは、自分に関心がなく、自分を愛していない、ということと同じです。そうすると、「自分を愛せばすべてがかなう(byあべけいこさん」の反対で、「自分を愛していないから、すべてがかなわない」という結果につながってきます。

繰り返しになりますが、観たい番組があれば観ればいいし、そのときは楽しめばいいです。平昌五輪の生放送も、たっぷり楽しんでください(笑)。でも、観たい番組がないのにダラダラ見続ける、ただつけっぱなしにしておく、というのはやめましょう。すんごーく、自戒を込めて(爆)。

きょうも明るいほうへ マモル

★「個人セッション」お申込み受付中!なお、来月は、長期研修のため、また1か月間、お休みをいただく予定です。ですので、この2月は、「御礼とお詫びの半額キャンペーン」実施中! よろしければご活用ください!