こんにちは、マモルです。

昨日のブログで、ご縁をいただいている神社での「節分祭」に参加してきた話をお伝えさせていただきました。

で、たっぷり厄落とし、厄祓いをしていただきました。ほぼ3日間、神社にお籠りしてましたので、いろいろついていたものを、たくさん祓っていただいたと思います。

ところで、「祓い」というのはどういうことかというと、ざっくりといえば、自分にくっついている”罪・穢れ””悪い気”を、祓い落とすことです。

ただし、この”罪・穢れ””悪い気”は、外側から自分の周りにくっついてくるものばかり、とは限りません。実は、自分の中から出てくるものでもあります。

簡単に言えば、自分の中に、悩み・不安・怒り等を抱えていると、自分の中から、”悪い気”がわいてきます。そして、その悪い気に同調して、外側からも”悪い気”がどんどん集まってきます(※このあたり、「自分の意識が現実を創る」ということと同じでもあります)。

お祓いを受けると、その”悪い気”は、一時的に祓い落されますが、自分の中に、悩み・不安・怒り等が残っていれば、また自分の中から”悪い気”がわいてきて・・・の繰り返しになってしまうわけです。

人間、生きている限り、なかなか、悩み・不安・怒り等の思いは尽きません。ですので、やはり定期的に神社でお祓いを受けて、その都度、”悪い気”を祓ってもらうのがいいんですね。逆に言えば、神社で開催されている様々な年中行事は、”このタイミングでこの行事に参加することで、「お祓い」になるよ”、ということでもあるんです。

さて、そうして、自分の”罪・穢れ””悪い気”を徹底的に祓っていくと・・・最後に残るのは、余計なものがくっついていない、純粋な本当の自分自身となります。そうすると、自分の外側の価値観や誤った思い込みに左右されることなく、自分自身がどうしたいか、どうありたいかが、明確にわかるようになります。そして、その通りに行動していくことが、「本当の自分自身を生きる」「自分の本質を生きる」ということにつながり、結果として、どんどん開運していくことになるんですね。だって、本当の自分を生きているんだから、輝かないはずがないのです。

ここから余談ですが、「方位術や風水など、いろいろ開運術にとりくんでいるけど、なかなか結果が出ない」という方は、実は、ここにポイントがあったりします。

純粋な本当の自分自身の上に、開運術をプラスすれば、その効果はすごく高くなります。でも、”罪・穢れ””悪い気”がたっぷりくっついている状態で、いくら開運術をプラスしても、正直、あまり効果は期待できません。それは、何日も風呂に入らない身体の上に、最高級の香水をつけまくるのと同じです。

なので、幸せになりたいと思うなら、まずは、自分の”罪・穢れ””悪い気”を祓うことが先。自分のお掃除、浄化が先なのです。風水の基本も、一に掃除、二に掃除、ですしね。

ですので、自分のお掃除・浄化のために、できるならぜひ、定期的に神社でお祓いを受けましょう。まずは、こまめに神社に足を運んでお詣りをする、ということからでもいいです。少しずつでも必ず、毎日が変わっていくはずですよ。

きょうも明るいほうへ マモル

★「個人セッション」お申込み受付中!なお、来月は、長期研修のため、また1か月間、お休みをいただく予定です。ですので、この2月は、「御礼とお詫びの半額キャンペーン」実施中! よろしければご活用ください!