こんにちは、マモルです。

明日、2月3日は「節分」ですね。

「節分」は、文字通り、「季節を分ける日」。ですので、本当は、冬から春に移行するこのタイミングだけでなく、実は年4回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前日が、それぞれ「節分」なんです。

ただ、旧暦では、冬から春に変わる「立春」を、「一年の運気の始まりの日」としていました。このため、日本では「一年を分ける」タイミングとなる春の節分が最も尊ばれ、次第に、「節分」といえば、この「春の節分」のことだけを指すようになったんだそうです。

さて、「立春」を「一年の運気の始まりの日」、実質的に「元日」と同じ、とすれば、節分は、いわば「大晦日」にあたります。

では、「大晦日」はどう過ごしたらいいか?というと、当然ながら、大掃除をして、前の一年の穢れをきれいさっぱり払い落として新年を迎える、ということになりますよね。その大掃除、厄払い・厄落としの行事が、いわゆる「豆まき」だと考えてもらえばいいかと思います。

というわけで、12月末のこのブログで、「大晦日には神社に行って大祓式の神事を受けよう」とおススメさせていただきましたが、この「節分」のときも同じです。大きな寺社仏閣であれば、「節分祭」「節分会」の豆まき行事があると思いますので、ぜひ足を運んで、一年間の厄落とし・厄払いをしてください。

とはいえ、いろいろ忙しくて、お詣りは無理、という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、ぜひ自宅で、豆まきをしてみてください。このとき、ただのイベント感覚ではなく、ちゃんと「邪気は出ていけ!」という思いをしっかり込めて、気合を入れて、「鬼は外!」と、豆をまくことがポイントです。真剣にやることで、豆に「邪気退散」のパワーがのっていきます。なお、厄払い・厄除けがメインですので、「福は内!」に関しては、まあ欲張らない程度にお願いします(笑)

そして、豆を用意できなかった、という方は、「払いたまえ!清めたまえ!」と繰り返し唱えながら、ごく少量の塩やお酒をまくのも効果的です(後でお掃除はちゃんとして下さいね)。そして、できれば「塩風呂・酒風呂」にゆっくり浸かってください。

要は、邪気を身体の外・家の外に追い出し、自分を浄化すること。そうすることで、翌日の「立春」=「元日」を、気持ちよく迎えることができるはずです!

ちなみに、私も明日は、お世話になっている神社の節分祭に参加予定。実は本日から入りまして、ご奉仕として、節分祭の準備に参加させていただく予定です。めったにない機会、たっぷり楽しんできます!

きょうも明るいほうへ マモル

個人セッションお申込み受付中!なお、来月は、長期研修のため、また1か月間、お休みをいただく予定です。ですので、この2月は、「御礼とお詫びの半額キャンペーン」実施中。よろしければご活用ください!