こんにちは、マモルです。

さて、このところ、方位がらみの話を続けておりましたが、ちょっと番外編的な話でも。

方位の話で、よく出てくる古典的な話題が、「吉方位のヤブ医者と凶方位の名医、どちらの診察を受ける?」というテーマです。

で、もちろんいろいろ意見が分かれるところですが、私の結論は、「凶方位の名医」です。

これは、私の手相方位の師匠、西谷泰人先生から教わったことですが、方位の効果は、「吉方位ー追い風ー実力のプラス10~20%」「凶方位ー向かい風―実力のマイナス10~20%」と考えればよい、とのこと。

もともと、ヤブ医者と名医の間には、とんでもない実力の差があります。実力の120%のパフォーマンスを発揮しているヤブ医者と、実力の80%としか出せない名医とを比較しても、力は、名医の方が遥かに上でしょう。

これ、いろんな例えができます。「吉方位のダメダメ男と凶方位のいい男、どちらを選ぶ?」「吉方位だけど、もともとあまりおいしくないお店と、凶方位だけど、いつもおいしいと評判のお店、どちらに行く?」とかね。

通常は、方位よりも、実力優先・現実的な判断が優先です。で、どちらでもいい、という場合には、方位を参考材料にもしてみると。

そして、「どうしてもここに行きたい」「行かねばならない用事がある」という場合に、「でも凶方位だから・・・」と方位を気にするのもナンセンス。そういうときは、後から吉方位をたくさんとって運気回復を図るなり、リカバリーをすればいいのです。また、凶方位の中でも精一杯全力を尽くすのは、結果として、自分の実力をアップさせることにもつながります。「神様が与えた試練」だと思って、受け入れて乗り切ることも、また大切です。

とにかく、方位が一番の判断基準であってはなりません。方位の知識は、活用するもの。方位の価値を一番上において、振り回されてはいけませんよ~。

きょうも明るいほうへ マモル

※「個人セッション」の再開については、現在準備中です。しばらくお時間ください。急ぎご希望の方は、メールでお問い合わせくださいませ。

SAFのWS、絶賛受付中!9日イベント、まだ間に合います!
【12月9日(土)】最高最善の人生を創造しよう!SAFメソッドセミナー(限定50名)
【12月16日(土)17日(日)】無限の愛と豊かさにつながるワークショップ
【12月18日(月)】クリアリングワークショップ
【12月24日(日)】魂のパートナーを得るワークショップ
【12月27日(水)】インナーチャイルドを癒すワークショップ