こんにちは、マモルです。

チャネリングモニターセッション、昨日は5人の方をセッションさせていただきまして、本日もセッションの予約をいただいております。感謝申し上げます。残る日程は、あとは14日(火)・15日(水)の2日間だけ。気になる方は、メールでお問い合わせくださいませ。

さて、大変遅くなりましたが、SAFのHPにて、「2018金函玉鏡吉方位表」の販売を開始しました!こちらからどうぞ。

「奇門遁甲」の方は、あべけいこによる「開運おでかけ手帖」がすでに発売されておりますので、そちらをご参照いただくとして、この「金函玉鏡」の方も、あわせてご活用いただくと、また吉方位の活用の幅が広がるかと思います。

そして、以前のブログでもお伝えしましたが、「奇門遁甲」と「金函玉鏡」の違いについて、あくまで”効果”に絞って、ざっくりまとめますと、下記のような感じです。

★「奇門遁甲」
・時盤の効果は数日~10日ほどで出る。日盤の効果は、1か月半~2か月後ぐらいに出る。
・時盤と日盤を組み合わせた大吉方位では、大きな効果が期待できる。(※特に「開運おでかけ手帖」での、王冠マークのついているところ)
・あまり頻繁に使いすぎるのはおススメではなく、1か月半~2か月に1回程度、大吉方位に行く、という使い方がよい。

★「金函玉鏡」
・即効性があり、行った当日や数日後ぐらいに効果が感じられる。
・大きな開運というわけではなく、日常の中の小さなラッキー、という感じ。
・徒歩で使うのが、大地のエネルギーをとりこむことができてよい。
・毎日使ってもいい。

要は、「奇門遁甲」は、1か月半~2か月に1回ぐらいのペースで、大吉方位を逃さず狙っていくのがいいし、「金函玉鏡」は、使える日はどんどん使いながら、日々小さなラッキーを積み重ねていく、という形で、この2つをうまくミックスして使っていくと、より開運効果が期待できる、というわけですね。

そしてそして・・・この2つに、「九星気学」の吉方位旅行もうまく取り入れていくと、さらに開運効果ハンパなし!ということになります。

というわけで、「九星気学」での11月の吉方位(11/8~12/6)も、ついでにご紹介!

一白水星―なし 

二黒土星―なし

三碧木星―西北(小吉)

四緑木星―西(3倍吉)、西北(小吉)

五黄土星―西北(吉)

六白金星―なし

七赤金星―西(小吉)

八白土星―西北(吉)

九紫火星―なし

あらら・・・11月は、「吉方位なし」の方も多そうです。ごめんなさい。またタイミングをみて、12月の吉方位情報もアップしますので、しばしお待ちください。

いまひとつ締まらない終わり方になってしまい申し訳ありませんが、ぜひぜひ方位の力もうまく活用して、「大開運」ねらってみてくださいませ!

吉方位旅行いったらぜひ温泉もね!  きょうも明るいほうへ マモル

SAFのWS、絶賛受付中!11月は2つの新ワークショップがスタート!12月はイベントも!
【11月20日(月)】インナーチャイルドを癒すワークショップ(NEW)
【11月22日(水)】魂のパートナーを得るワークショップ(NEW)
【11月25日(土)26日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ
【12月2日(土)3日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(大阪開催)
【12月9日(土)】最高最善の人生を創造しよう!SAFメソッドセミナー(限定50名募集、申し込みはお早めに!)