こんにちは、マモルです。

さて、先日、「9月吉方位(気学)」⇒「10月奇門遁甲吉方位」と、2日続けて、方位の話をしておりました。

で、気学⇒奇門遁甲、ときたら、ひとつ、金函玉鏡のことにも触れておこうかなあと。

たまに、「奇門遁甲と金函玉鏡、効果はどう違うの?」と聞かれることがあります。細かい方位の出し方やその理由はおいといて、あくまで”効果”に絞って、その違いをざっくりまとめますと、下記のような感じです。

★「奇門遁甲」
・時盤の効果は数日~10日ほどで出る。日盤の効果は、1か月半~2か月後ぐらいに出る。
・SAFの方位表で紹介している時盤と日盤を組み合わせた大吉方位では、大きな効果が期待できる。
・あまり頻繁に使いすぎるのはおススメではなく、1か月半~2か月に1回程度、大吉方位に行く、という使い方がよい。

★「金函玉鏡」
・即効性があり、行った当日や数日後ぐらいに効果が感じられる。
・大きな開運というわけではなく、日常の中の小さなラッキー、という感じ。
徒歩で使うのが、大地のエネルギーをとりこむことができてよい。
毎日使ってもいい。

・・・・という感じでしょうか。要は、「奇門遁甲」は、1か月半~2か月に1回ぐらいのペースで、大吉方位を逃さず狙っていくのがいいし、「金函玉鏡」は、使える日はどんどん使いながら、日々小さなラッキーを積み重ねていく、という形で、この二つをうまくミックスして使っていくと、より開運効果が期待できる、というわけですね。もちろん、ここに「九星気学」の吉方位もうまく取り入れていくと、さらに開運効果ハンパなし!ということになります。

で、先日もお伝えしましたが、SAFオーガナイザーのあべけいこによる、来年一年間の奇門遁甲による吉方位をまとめた「開運おでかけ手帖2018」が、来月発売です。絶賛予約受付中ですので、ぜひお求めいただき、来年の開運にお役立てください!

なお、SAFのメルマガ読者にはすでにお伝え済ですが、この「開運おででかけ手帖」の出版に伴い、来年の「奇門遁甲吉方位表」は、SAFでは制作せず、販売はしないことになりました。ご了承ください。

あ、来年の金函玉鏡方位表」は、もちろん制作の上、販売させていただきますので、もうしばらくお時間くださいませ!

個人セッション受付中です!10月中旬までのしばらくの間、セッション枠が少なくなっておりますが、予約システム上に表示されていない日時でも、都合があえばセッションさせていただきますので、まずはお問い合わせを!

SAFのWSも、ご参加お待ちしています!10月末の大阪開催も決まりました!
【9月30日(土)10月1日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(in福岡)
【10月7日(土)8日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(in名古屋)
【10月9日(月・祝)】クリアリングワークショップ
【10月21日(土)22日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ
【10月28日(土)29日(日)】無限の愛と豊かさにつながるワークショップ(in大阪)

きょうも明るいほうへ マモル