こんにちは、マモルです。

9/2(土)の南西への吉方位旅行の話、一応、その1とその2で終了しているんですが、こぼれ話をひとつ。

三嶋大社には、神鹿苑があります。

こちらには、たくさんの鹿がいまして、参拝客があげる鹿せんべいに群がります。「鹿せんべいよこせ~」と迫ってきます。私はあげませんでしたが(毒)。

とすると、三嶋大社のご神使は鹿なのかな?と思ってしまうところですが、この鹿たち、大正時代に奈良の春日大社から贈られたものだそうで、別にご神使ではないんだそうです。

では、三嶋大社のご神使は何?と言いますと、本当は「鰻」なんだそう。

昔から三嶋大社の神池や三島の川には、無数のうなぎが生息しており、水神様の化身とされ、社地内での捕獲は固く禁じられていたそうです。もし捕らえる者があれば、たちまち神罰を受けて、毛のない首の長いつるつるの児が生まれると言い伝えられて来たんだそうです。ですので、三嶋大社の氏子の皆さんは、江戸時代までは、鰻は神聖なものとして、一切食べなかったそうです。

でも、三島は、鰻料理で有名なところ。大社の周りにも、鰻屋さんがたくさんあります。では、なぜ三島の皆さんも鰻を食べるようになったのか?

それは、明治維新で、薩摩と長州の兵士が三島に滞在した際、大社のお使いであることなど知らず、鰻を捕まえて食べてしまったから。それを見た三島の皆さんは、「あ、別に食べてもいいんだ、神罰はないんだ」となって、それから鰻を食べるようになったんだそうです。(以上、「うなぎ横丁」HPより)。

うーん、ちょっと罰当たりな気がして、薩摩の末裔としては、なんとも微妙な気分になる話ではありますが・・・それで三島の名物ができ、地域全体が潤って、大社への参拝客も増えたということであれば、よしとしますかね(またまた何様のつもりだ)。

というわけで、私も鰻重をいただきました(爆)

美味しゅうございました。元気をいただきました。さっそくの吉方位効果ということで、恵みに感謝!です。

個人セッション受付中!特別キャンペーンは9月9日まで!
予約システム上に表示されていない日時でも、都合があえばセッションさせていただきますので、まずはお問い合わせください!

SAFのWSも、ご参加お待ちしています!10月の日程が追加されました!
【9月9日(土)10日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ
【9月16日(土)】クリアリングワークショプ(in大阪)
【9月17日(日)18日(月・祝)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(in大阪)
【9月30日(土)10月1日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(in福岡)
【10月7日(土)8日(日)】潜在意識の解放と具現化ワークショップ(in名古屋)
【10月9日(月・祝)】クリアリングワークショップ
【10月21日(土)22日(日)】無限の愛と豊かさにつながるワークショップ

きょうも明るいほうへ マモル