こんにちは、マモルです。

一昨日のブログの、またまた続きです。

実は、下記のようなご質問をいただきまして。

Q『同会月に吉方位旅行に行くといい、というのはわかりました。では、その旅行の出発日は、いつにしたらベストでしょうか?』

おおっと、乗り気ですね~。

一応申し上げておきますと、私は、吉方位旅行の「出発日」については、あんまり重視してはおりません。皆さんお仕事やご家庭の都合もあるでしょうし、そこまでチェックして出かけるのも、大変でしょうからね。

でも、せっかくの同会月だからこその、よりよい日、というのは、確かにあります。

それは、年の方位盤と月の方位盤に加えて、さらに、日の方位盤まで、同じになる日。

ちなみに、この12月の同会月(12/8~翌年1/4)の、年・月の方位盤は、こちら。

「七赤金星・中宮」の方位盤となります。

であれば、日の方位盤でも、「七赤金星・中宮」となる日を、選べばいいわけです。

では、この同会月の間に、「七赤金星・中宮」となる日はいつなのかと言うと・・・下記、3つあります。

①   12/13(日)

②   12/22(火)

③   12/31(木)

つまり、①~③の、この3つの日を吉方位旅行の出発日とすれば、年・月・日の方位盤が全部吉で揃う日の出発となり、旅行期間中も、非常に楽しく快適にすごせることになる、と思います。

ただし、注意点があって、その日に限って、万人に凶となる方位、というのも、一応、あるんですね。

それは、下記の通り。

①   12/13の凶方位は、「西南」

②   12/22の凶方位は、「東南」

③   12/31の凶方位は、「東北」

ですので、西南への吉方位旅行を計画している方は、①を避けて、出発日を②③のいずれかにするとベスト。東南への吉方位旅行を計画している方は、②を避けて、出発日を①③のいずれかにするとベスト。東北への吉方位旅行を計画している方は、③は避けて、出発日を①②のいずれかにするとベスト・・・ということになります。

ただ、上記の3つの日にこだわらなくても、九星ごとに、他にもいい出発日を選ぶことはできますし、そもそも、無理して出発日まで吉日を選ぼうとしなくても、同会月での吉方位旅行の大きな効果には、ほぼ影響はありませんので、そこまで頑張らなくてもいいかと。

ただでさえ年末年始にかかっていきますし、うまく都合がつくタイミングを、優先してくださいね。

皆様の「大開運」を、祈念しております!

きょうも明るいほうへ  マモル