こんにちは、マモルです。

さて、節分・立春がらみでの方位の話をもう少しだけ。

皆さん、今年は、「恵方巻」いただきましたか?私は食べてませんが(笑)

で、「恵方巻」を食べるときには、今年の「恵方」を向いて食べる、と言われますよね。では、その「恵方」は、今年はどの方位なのか?といいますと、ざっくり言えば「東北東」、より正確に言えば、「東北東のやや東」という表現になります。北を0度、東を90度としたときに、67.5度から82.5度のゾーン。ど真ん中で言えば、ちょうど75度のところになります。昨日のブログと同じ図ですが、この図の中に、「恵方」として、矢印がありますね。この部分です。

細かい説明は省きますが、実はこの「恵方」とは、陰陽道で、「歳徳神(としとくじん)」という、その年の福徳を司る神様がいる方位のこと。その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされているのです。

というわけで、今年1年間は、この「恵方」から、ずっと「幸せを招く気」が流れ込んできます。ですので、この「恵方」を意識しておくことが大事。例えば、家の中心から見て、この「恵方」のゾーンをいつもきれいに大切にしていると、いい運気をしっかり受け取ることができますよ。

ただちょっと微妙なのは・・・「東北東」ということは、すぐ隣が、「鬼門」にあたる「北東」なんですよね。で、今年は、「北東が暗剣殺で特に凶方位」ということで、「あまりよくない気」が、「北東」から流れ込んでもきます。隣り合わせで吉凶のエネルギーが流れ込んでくるということで、ちょっとズレてしまうと、いい運気を浴びているつもりで、悪い運気を浴びてしまうことにもなりかねません。

じゃあどうするかといいますと、結局は、「恵方」ゾーンでもある「東北東のやや東」だけでなく、とにかく「北東」にかかるゾーン全体を、あらためて丁寧にきれいにピカピカにお掃除して、いつも大切にすること。どちらのゾーンもあわせてきれいにすることで、悪い運気の流れ込みを押さえ、いい運気を呼び込むことができますよ!

そして、一部の方から、「今年は鬼の姿の写真を掲載しないのか」というリクエストもいただきましたので、あらためまして、今年の私の鬼姿を大公開!

青鬼

赤鬼

緑鬼にいじめられて泣いた赤鬼

来年は緑鬼にリベンジします!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ