こんにちは、マモルです。

昨夜、お申込みいただいた約130人の皆様に、「宇宙エネルギー遠隔(仮)バージョン2」を、お送りさせていただきました。はてさて、どんな感じに受け取っていただけましたでしょうか?

終わって1~2時間ほどで、さっそくご感想を送ってくださった方も複数おられまして、それなりに感じ取っていただけたのではないかなあ、と思ったりしております。またあらためて、ブログでまとめて紹介させていただきますね。当日そのときに何も感じることがなかったとしても、夢だったり、体調の変化だったり、現実面でいろいろ起きたり、数日~数週間?にわたっていろいろあるかと思います。急がなくてもかまいませんので、ご感想やご報告、お待ちしておりますね!

そして、きょうはもう12月10日、今年も残り、21日ですねぇ。皆さん、年末年始に向けて、いろいろお忙しいことと思います。とはいえ、来年の運気向上にむけて、今年のうちに何かできることがあればやっておきたい、という方も多いでしょう。というわけで、この年内、できればゲットしておきたい奇門遁甲の吉方位をご案内!元データは、あべけいこさん著、「開運おでかけ手帖」からです。

●12月20日(木)

青龍返首:尻上がりに運気が良くなる、大きな喜びごとがある、開運、有力者の手助けが得られる
西 時盤 11時~13時

飛鳥跌穴:大きなチャンスが来る、労せずして功を得る、棚ボタラッキー
東 時盤 17時~19時

●12月30日(日)

青龍返首:尻上がりに運気が良くなる、大きな喜びごとがある、開運、有力者の手助けが得られる
南東 時盤 15時~17時

神遁:他人の成功のあとにその援助によって自分も成功する、他人の成功の恩恵を受ける、大きな財運、強力な金運、仕事運、出世運
東 時盤 5時~7時

・・・やっぱり押さえておきたいのは、30日(日)の「神遁」ですかねぇ。30日ということで、お正月準備の忙しさのピークの頃かと思いますが、年に数回しかない大吉格(2018年は5回だけでした)ですんで、なんとか活用していただければと。時盤も、5時~7時ということで、早起きは大変ですが、日帰りであれば、使いやすいところ。よかったら、なんとか日程調整して、トライしてみませんか?

もちろん、年内、このほかにも、とれる大吉格はいくつかあります。望む効果にもよりますが、22日(土)の丁奇得使(南西)や乙奇得使(北東)、23日(日)の乙奇昇殿(東)、25日(火)の地遁(南西)、28日(金)の人遁(北)、31日(月)の丁奇昇殿(西)など。

詳しくは、あべけいこさん「開運おでかけ手帖」をご参照くださいね。皆様の益々のご開運を祈念しております!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!