こんにちは、マモルです。

「スターラインズ・リユニオン(SLR)」も、あっというまに、本日5日目。日程上は、あす6月1日までとなっていますが、実質的には、きょう夕方から今夜にかけてが、クライマックスです。

実際のところ、ここで私が体験することは、同時に、このブログをお読みの皆様にも、連動して少なからず影響してくることになると思います。

しっかり取り組ませていただきますね。

そして、深夜には、いよいよ、『F49+、魂の真価を発揮させる光のセッション』の本番です。(※申込受付は、昨日で終了しております、ご了承くださいませ)

昨日のブログでもご紹介したI子様が、またまた、夢のご報告をくださいました。

 

『今日もまた、エグい夢を見たので、ご報告しておきます。

とても会いたいと思っていた元カレと、久しぶりに会うことができ、幸せな気持ちでいる。

すると、それを阻もうとする男性が現れる。

その男性が、元カレの後ろから、黄色い鉛筆を突き刺そうとしてきたので、私が、その男性の首を、思いっきり締める!!

首を絞めている感覚が、めちゃくちゃリアルでした。

そして、「こいつは許さない!」という、ものすごい怒りも。

そして、その男は倒れる、、、というものでした』

 

・・・はい、これですね、「邪魔をしてくるダークサイドを自力で跳ね除けた夢」と単純に解釈すると、それはそれで、けっこうな夢のように思われるかもしれませんが、意味合いとしては、もっと複雑なんですよね。

首を絞めた感触、ものすごい怒り・・・これ、どちらかというと、自分の方がダークサイドになっているような。

そう、たぶん、これ、ポジティブからネガティブへの、ホワイトサイドからダークサイドへの、『闇堕ち』的な体験の、解除・解放に伴う夢なんだろうと思います。

いずれにしても。解除・解放ではあり、ダークサイドとの関係性の断ち切りに伴う夢ではありますので、決して悪い夢ではありませんが、これまでよりも、より複雑で深いレベルのところに手をかけられている、という風に受けとめていただけるといいのかな、と思います。

本当に、いろいろ、事前から動いているというか、もうとっくに始まっているのだろうと思っています。

お申し込みいただいた皆様、とりあえずはもう、私に全て「おまかせ」していただき、今夜はゆっくりお休みいただければ幸いです(海外からお申し込みの方は、誠に申し訳ありませんが、もし体調等がしんどくなられたら、無理せず休んでくださいね)

 

・・・それでは、あらためまして、SLR報告。

連日のETコンタクトワーク、こちらは3日目(5/29)夜のもよう。わかりにくくてごめんなさい。

そして、翌4日目(つまり昨日)の朝、ビデオ撮影された映像をチェック。

緑の線は、レーザーポインタの光で、その先の点が、撮影した「UFO?」になります。

このときは、坂本政道さん曰く、撮影できたUFOが9機、バッテリー切れとかで撮影しこそねたUFOが4~5機で、13~14機は飛んでいたんじゃないか、とのこと。私も、半分ぐらいは、肉眼で確認できているかと思います。

そのうち、坂本さんが、Youtube等にアップするかもしれませんので、どうぞお楽しみに。

ただ、残念ながら、直接ETに会うことは、結局叶わず、残念無念。でもまあ、星がきれいでしたので、楽しかったですよ。

では、本日は夜までの大仕事になりますので、これで失礼させていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル