こんにちは、マモルです。

相変わらず暑いですね。

でも、昨日の朝は、ごくわずかですが、ちょっと季節が切り替わった感じがしました。「猛暑」から「残暑」へ、という感じ。そして秋になると、いいことも悪いことも含めて、とにかくいろいろなことが、たくさん起こりそうな気配です。楽しんでいきましょう。

さて、昨日のブログで、「8/14先祖解除セッションの裏テーマが、ダークサイドからの解放だった」とお伝えしましたが、、、実は、それができるようになったベースは、先月参加した、「スターラインズ・リユニオン」の際の体験にありました。

その体験がどのようなものだったのかについては、下手にお伝えすると、文才の無い中学生が書いた、独りよがりの壮大なライトノベル小説みたいになってしまいかねないので、割愛します(笑)。

でも、すべての源(グレート・エミッターと呼ばれています)からの光によって、ダークサイドとつながるエネルギーコード、様々な呪術によって貼り付けられた護符や魔符の影響、間違った契約などは、その効力を消すことができるのだ、ということを、理解しました。

もちろん、理解したとことと、それを自分が「できる」ということは、まったく別物です。

でも、現時点の自分でも、ある程度はできるんじゃないか、という思いは持てました。

そして、もう一つあらためて学ばされたのは、“恐れ”をはじめとする、様々な邪魔や障害になっているものを取り除きさえすれば、人は、自分の「本質」を輝かせて、自分らしく自由に生きられることができるようになる、ということ。

最終的に、この二つの気づきを組み合わせる形で行わせていただいたのが、「スターラインズ・リユニオン」参加中に行った、『隠された扉を開ける光のセッション』になりました。

セッションに私がやっていたこと、見ていたヴィジョンは、こんな感じ。

まず、お受けいただいた皆さんの周囲の様々な次元に存在している、ネガティブ存在やダークサイドとのエネルギーコードを全て切り取り切り離し、そのつながりを断った上で、貼りついていたネガティブエネルギーの塊を引きはがし、様々な呪術の護符・魔符のたぐいを、引きはがすだけ引きはがしてきれいにしたうえで、それに伴ってできていた、えぐれていた傷や様々な痕跡を癒して、修復しました。

その次に、宇宙の根源、源の愛のエネルギーで皆様を包み、上記の様々なネガティブエネルギーのせいで、これまで開けることができなかった、それぞれの「本質の扉」を開きました。

そして、それぞれの「本質」が、「生命の躍動」として、自由に、思う存分表現されるように、その促進につながる光を送り、全員を包みこんでいきました。

すると、やがて、全員の魂が、純粋な生まれたばかりの存在へと戻り、輝きを放ちながら、自分の「本質」、ただ純粋な「喜び」を、宇宙に向けて放ちながら、それぞれの行くべき場所へ、飛び立っていきました・・・。

ま、こんな感じでした。やっぱり、中二病的になっちゃいましたね(笑)。

この数日後、さらに2回の追加の光、「自分の本質を開かせ、花開かせる光」、「生命躍動の光(咲かせた花の周りをたくさんの蝶が舞い、命が躍動するイメージ)」を送り、経過をみていただきましたが、セッション翌日から、約1か月後のつい最近まで、いろいろなご感想・ご報告をいただきました。明日から、いくつかご紹介させていただきますね。

なお、このセッション、実は、あと一人のお申し込みで、「満員御礼」となるところでした。でも、今思えば、このラストの1人分は、セッションを行う私自身のために、とっておかれていた枠だったのだと思います。自分のためにも、必要だったのでしょう。

というわけで、本日はけっこうグダグダな文章になってしまい失礼しました。明日からは、また建て直していきたいと思います。

きょうも明るいほうへ  マモル