こんにちは、マモルです。

さて、先週日曜日に受講させていただいた、アクアヴィジョン・アカデミー「スターラインズ復習コース」。

「心身回復の光セッション」が終了してから、あらためてゆっくりご紹介しようかとも思ったのですが、いろいろ皆様にも関係するメッセージもあったかと思いますので、忘れないうちに、早々にシェアさせていただければと思います。

トレーナーは、いつも大変お世話になっている、坂本政道さん森田菊野さんのお二人。

参加者は、昨年の「スターラインズ・リユニオン」でもご一緒させていただいたSさん、一番最初の「ゲートウェイ・ヴォエッジ」の同期生でもあるNさん、そして私は初対面でしたが、ヘミシンク歴はもう10年以上、様々なスピリチュアル関係のことに精通されているHさん(いろんな裏話を聞かせていただきました)の3人と私の、合計4人でした。

正直、一日セミナーの中では、一番上級のコースになるので、基本的なレクチャーというよりは、それぞれの日頃のとりくみをもとにしての、深い質疑応答のやりとりを交わす時間が多く、大変勉強させていただきました。

さて、では、さっそく体験の報告を。

このコースでは、一日に4本、ヘミシンクを聴きます。

まず1本目は、「フォーカス34/35」の探索から。

ヘミシンクを詳しく知らない方も多いかと思いますので、ざっくりとした説明になりますが、この領域は、地球・人類に起こりつつある変化(アセンション)を観察し手助けしようと、多くの地球外生命体が集まっているエリア、と思えばいいです。ただの観察者もいれば、地球・人類全体のサポートが目的の者もいれば、個々人のガイドとしてのサポーターもいる、という感じでしょうか。

私の場合、今回のセミナー参加の目的は、16日から行う「心身回復の光セッション」を、よりよいものとしていくためでしたから、まずは、「そのために必要な体験をさせてほしい」と、ガイドに依頼します。

すると、宇宙空間に行ったはずなのに、目の前に広がってきたのは、熱帯雨林のジャングルっぽいところ。地球上ではないようですが、そこで、動物達、植物たちが、様々に進化・変化していく様子を、早送りで、いろいろ見せられていきます。なんだこりゃ。

ある程度見ていったところで、ガイドに質問。

『これ、何なの?“心身回復の光”と、何の関係があるの?』

すると、そこから、こういうやりとりに。(以下、私とガイドの会話です)

『ただ、もとの状態に一時的に回復させるだけなら、結局、周囲の環境がよりひどくなっていくと、いずれまた悪くなっていってしまうだろう?そして、アセンションが進んでいくということは、地球の環境は、これからさらに変化していく。自然環境も、社会環境も。だとしたら、必要なことは何だ?』

(私)『どんな環境にでも、柔軟に対応していける強さ、とか、しなやかさ、とかかな』

『そう、だから送るべき本質は、そういうエネルギーなんだよ』

なるほど・・・納得。だから、進化の過程を、延々と見せられたのか。

すると、ぽんとイメージが切り替わり、観葉植物の鉢が見えてきます。それはぐんぐん成長していき、やがて植木鉢を飛び越えて大地に根を張り、大木へと成長していきました。

『一般的に、植物が成長するのに必要なものは?』

(私)『栄養のある土壌、適度な水、そして太陽の光ってとこかな・・・』

『そうだね、じゃあ、大雨続きの今、足りないもの、必要なものは?』

(私)『光?』

『そう、だからこそ、とにかくガンガン光を送ればいい。光を浴びせればいい。そうすると、後は自然と伸びていくものさ』

・・・と、ここで、時間切れ。自由探索終了のアナウンスが聞こえてきます。

(私)『最初からドンピシャのメッセージをありがとう。助かったよ』

『いやいや、まだまだ。きょうはこの後も、いろいろ伝えるから』

(私)『うわお』

・・・というわけで、1本目のセッションは、これにて終了。冒頭からなかなかのハイペースでした。

なお、見えてきたものや、やりとりの詳細については、本当はもっといろいろあるのですが、ごくごくざっくり、ポイントになる部分だけを、まとめております。一応、ご承知おきくださいませ。

明日につづきます。

きょうも明るいほうへ  マモル