こんにちは、マモルです。

8/30「宇宙エネルギー遠隔・無料一斉版」、お申し込みは、こちらのブログをお読みいただき、こちらからどうぞ!

さて、18日(日)に開催させていただいた、「へミシンク体験会・半日コース」のご報告、その4です。昨日で終わったと思われた方も多かったかもしれませんが、もうちょっと追加で。

今回は、結果的にK様のお一人参加となり、マンツーマンレッスンになりました。ですので、K様がヘミシンクワークに取り組んでいる間、私の方でも別途、K様の中にあるものの、浄化と解放の働きかけをさせていただきました。

すでにお伝えした通り、K様にとって、1本目と2本目のワークは、“恐れの解放”の意味合いが強かったのですが、私の方では、K様の中にある深い“恐れ”のおおもとを探ってみたのですね。

すると見えてきたのは・・・時代はよくわかりませんが、中世のヨーロッパ。そのとき、K様は男性で、王様お抱えの、いわゆる宮廷音楽家をしていたようです。(※画像はネットで拾ってきたイメージです)

でも、あるとき、何らかの理由で、王様の不興を買ってしまった。機嫌を損ねてしまった。

そして、無残にも、胴体を真っ二つにされる形で、斬り殺されてしまったのです。

おそらくそれが、“恐れ”のおおもと。

「プロの音楽家になりたい、でも、本当にプロになって成功するのは(殺されてしまうから)怖い」、だから、「プロをめざしていろいろ活動していこうとしているけれど、なかなか本格的にとりくめない」という現実につながっていたのだと思います。

その過去世からの“恐れ”のエネルギーは、私の方で、できるところまで浄化・解放させていただいたうえで、K様にお伝えしました。

するとK様。

「実は、今度、ごく内輪レベルですけど、ライブをやる予定になっています。で、そのときに演奏する予定のうちの2曲が、ある宮廷音楽家の曲なんです。その人は、宮廷音楽家になる前に、大変な迫害を受けて、苦労したんだそうですが、その人の曲が、なぜだか、とても好きなんです。そして、実は私、その人が宮廷音楽家になった年齢と、いま同じ年齢なんです・・・・」

なるほど、やっぱり。

ある意味、この過去世の解放をさせて、音楽の道に真剣にとりくめるようにさせるために、K様のガイドが導いて、今回の体験会に、申し込みさせたのかもしれない、と思いましたね。

・・・というわけで、何が言いたいかと言いますと、これは、LPAのWSでも全く同じなんですが、参加者が自分で自分の内側をみる、自分で体験するということだけでなく、このように、ファシリテーターの方でも、いろいろより深いレベルでの浄化・解放のお手伝いをしておりますよ、という話。

今回は、たまたまマンツーマンレッスンとなりまして、参加人数次第では、なかなか行き届かないところもあるかもしれませんが、基本的には、全員に、何かプラスαの部分があるようにとりくんでおります。

ですので、仮に自分自身では明確な体験ができなかったとしても、ファシリテーターによる上乗せ分で、必ず何かは持ち帰っていただけますから。そういう意味では、決して、損はないです(笑)

というわけで、よかったら、どうぞまた、この「ヘミシンク体験会・半日コース」、そしてLPAのWSに、どしどしご参加くださいね!必ず何か、浄化や解放、そして、深い変化変容につながっていきますからね。

お申し込み、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も、随時受付中ですよ!