こんにちは、マモルです。

さて、本日も、「スターラインズ」でのお話。

詳しい説明は省きますが、この「スターラインズ」では、フォーカス34・35というレベルから、フォーカス49まで体験していきます。簡単に言うと、銀河系も超えた宇宙全体の意識レベルですね。周波数的に、ものすごく高いところまで行きます。

とすると、その周波数レベルで必要な体験をするには、それなりの器というか、それだけのエネルギーレベルに達していなければなりません。そうでないと、高いエネルギーに圧倒されてほとんど何も体験できず、ただ寝て終わる、ということになりがちです。

で、私の場合、どうだったかというと、今回は、ヘミシンクを聴き始めるなり、たくさんの食べ物が目の前に見えてきて、それを食べる・・・という体験が続きました。ごはん、パン、パスタ、ラーメン、そうめん・・・、今思うと、ほぼ炭水化物・糖分ばっかり。

これ、要するに、必要な体験をするにあたり、「いまのエネルギー状態では、うまく体験できないから、まず食べろ。エネルギーを高めろ。体験はその後だ」ということですね。なので、ガイドが食べ物を用意して、突きだしてくる。口に突っ込んでくる。ちょっとした拷問(笑)。炭水化物という、人体にとって“ガソリン”みたいなエネルギーにあたる食べ物ばっかりだったのも、それを象徴していたかと思います。

でもまあ、結果として、そのおかげで、いろいろしっかり体験できましたし、大変ありがたかったですね。

そして問題は・・・この食欲、現実世界にも反映されてしまったこと。

セミナー中は、基本的に、講義を受けてヘミシンクして、あとは食っちゃ寝、の世界。でも、エネルギーをたっぷり使っているので、意外とお腹は減るのです。そこに上げ膳据え膳のおいしい食事が3度3度出てくるので・・・必然的に、バクバク食べてしまいます。

例えば、ある一日の、朝食(バイキング)。

昼食。

夕食。

私の場合、なぜかこの期間、久々の「食欲魔人」と化し、おかわりはするわ、人が残したおかずまでありがたくもらってパクつくわで・・・6日間で3キロ太りました(涙)。実はまだ全然、もとに戻ってません。ヤバいです。

ちょっと話が横道にそれますが、セミナー期間中の10月7日(日)に放送された某TVアニメのとっても強い某キャラが、ドーナツをほおばりながら、「糖分はエネルギー」と何度も繰り返してました。なんだ、このシンクロ(わかる方だけわかってください)。

・・・というわけで、いろいろ体験はさせていただいたものの、その代償として、腹回りがかなり苦しくなりました。少しずつ、リハビリしていきたいと思います。

あ、そんなことはどうでもいいから、さっさと体験のことを話せって?すみません、それはまた次回!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!