こんにちは、マモルです。

ここのところ、「飛躍上昇のカギを受け取るWS(8/13~15)」での様々な体験から、皆様のお役にも立ちそうなことをシェアしておりました。このパターン、まだまだいくらでも書けるんですが、そろそろマンネリになってきたので、ちょっと自分のことを。

昨日のブログで、「他者を癒すことで、自分が癒されることもある」とお伝えしましたが、もちろん、その逆もあります。「自分を癒すことで、自分の周囲の人も癒される」ということですね。というか、そもそも、「ライフパス・アカデミー(LPA)」のワークショップで主にお伝えしているのは、まず自分をよくすること、自分を愛すること。そして自分がよくなると、自分の周囲の人もよくなっていく、ということでした。あれ、一周まわってしまった(笑)。

で、私、今回、サポート担当として参加していましたが、自分がヘミシンクをする中でみた映像として、アリの巣状になっている大変大きく黒いものを、地面から引っこ抜いて上にあげる、ということをやってました。これはおそらく、自分も含めた、参加者全員が抱えているネガティブなものの集合体だろう、そういう意識でしたね。

そして、そのことを軽くシェアしたところ、ファシリテーター・あべけいこさんの高次存在が、私に突き付けてきた言葉がこちら。

「マモルさんというのは、すごく特殊な仕組みをしていて、すごく好奇心旺盛な魂で、かつ、エネルギー場がすごく大きいんですね。いろんな時代を体験しようと、エネルギーを細かく砕いて、たくさん自分の分身を飛ばしています。ですので、いろんな時代でいろんな人に出会っているんですね。WSで会う人達とは、ほぼ必ず、どこかの時代でコンニチハしています。エネルギーが紐づいています。

そうすると、マモルさんの大きなエネルギー場が癒されてくると、そこに紐づく人たちが、同時進行的に癒されるんです。ひとつの大きな株をひっこぬくと、それにくっついている株が一緒にずるずるずるっとくっついて抜けていくように、マモルさんのエネルギーが、その大きな株になっていく可能性があるんです。潜在意識は、つながっていますからね。

そう考えると、先ほどの、“アリの巣状のものを上にあげた”というのは、なんとなくつながってくるでしょう?

だから、自分を癒すことが他者を癒すことになる、ということを、形骸的に理解するのではなく、本当にそうなんだと理解してください。そして、その最初の理解の場として、今回のWSの参加者の皆さんと出会わされているんです」

・・・ふぎょぎょぎょ、なんですと?

というと何ですか、私が癒されれば、連動して、たくさんの人が癒されると?あれ、ちょっとこれ、責任重大?こりゃ参った。

でもまあ、自分で自分を癒していくことは、それはそれでやっていくとして、よく考えれば、別に他人から癒してもらってもいいんですよね。幸い、周りには、チャネリングスクール卒業生など、ヒーラーはいっぱいいるし。というわけで、我こそは私を癒さん、という方は、遠慮なく名乗りをあげて、私を癒してあげてくださいね(笑)・・・もちろんタダで(爆)。

そして別にヒーラーさんでなくても、「ライフパス・アカデミー」のワークショップにご参加していただいて、一緒にヘミシンクしていただくと、お互いに、癒しにつながるかと思います。というわけで、自分の内側と向き合い、自分を癒す合間に、まあせっかくだからマモルも癒してやろうか、という優しい方がいらっしゃいましたら、ぜひWSにご参加ください。それが、より多くの方を癒すことにつながるかもしれませんよ(笑)。まさに、愛のボランティア。

・・・というわけで、お申込み、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!10月までのスケジュール、公開中しています!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!