こんにちは、マモルです。

昨日のブログの続きです。「飛躍上昇のカギを受け取るWS(8/13~15)」の参加者のお一人が、「宿泊したホテルの部屋番号が、昨年他界した父の誕生日と同じだった」という体験をしました。

で、昨日は、「その数字はメッセージだね、数字にはメッセージを込めやすいからね~」という部分までご紹介させていただいたんですが、実はこの体験、もうちょっと深いテーマがあるようです。

引き続き、ファシリテーターのあべけいこさんの解説です。

「この体験ですが、亡くなったお父様が登場したということで、実は、“先祖の流れを変えなきゃいけない”という、もう少し奥深いテーマがあるかもしれません。

一番近い先祖は、もちろん親ですよね。セッション等で、先祖に号令かけられてますね、という言い方をすることがよくあるんですが、どう号令をかけているのかというと、やっぱり、一番近い、両親を使いながらかけていく。両親の考え方とか、思考形態とか、価値観とか、それが先祖そのものだったりする。先祖の中で、いまだに“家系を汚すなかれ”と言っている5代前、7代前の人がいて、その号令を自分の子孫にかけていくと、自分にとって一番近しい先祖である両親が、“家系を汚すなかれ”“みっともないことをするな”恥ずかしいことをするな“”人に向かって暴言を吐くな“”とにかくおしとやかにおしとやかに“と言ってくる。そうすると、その先祖の号令を解かなければ、「別におしとやかでなくてもいいじゃないですか、今の時代、そんなことで家系に泥を塗るわけじゃないし、別に好き勝手してもいいでしょ」と言うこともできず、本来の自分の生き方ができなかったりする。

(私がやっている)先祖供養というのは、要は、そういう号令をかけている5代前、7代前の人をどかす、ということをやっていて、それをすると親がそういうことを言わなくなったりする。親が亡くなっていたとしても、親がそういう押し付けをしてきたことを思い出さなくなったりする。そういう風にしてエネルギーが入ってこなくなると、無意識的なところから、自由になれたりするんですね。

なので、今回のその体験は、何か先祖的な組み敷き直しをした方がいい、ということのメッセージである可能性もあります。

もしくは、亡くなったお父さんが、あちらの世界で、しっかり弔われていない先祖がいることに、気づいた可能性もある。

その先祖が、誰か助けてくれー、私に気づいてくれー、と呼びかけていると、そのエネルギーが、いつまでもいつまでも子孫に行って、子孫の方は、何か気がかりがある、何か人のためにやらなきゃいけないことがある、何かをずっと訴えられている気がする、そうして、自分自身のことに集中できなくなってしまう。そうなると、このエネルギーを遮断しないと、自分の子が幸せになれない。これをどうにかして知らせなければ・・・ということで、何とか伝えようとしているのかも。

こういう場合に、じゃあどうしたらいいかというと、ヘミシンク体験によって先祖と対話して、それでなんとかなることも無いわけではないけれど、やはり、先祖供養的な、型にハマったことをやっていくことにより、エネルギーが浄化されていくことも多いです。そういうことは、“先祖解除セッション”として今後もやっていくので、利用されていくといいかもしれませんね。WSでは、魂の流れを修正しているんだけど、先祖的な肉体の流れも重要で、肉体の流れは肉体の流れを修正するやり方じゃないと、修正できない部分があったりするので。

先祖解除を絶対やらなきゃいけない、という話ではないけど、魂のこと、肉体のこと、それぞれバランスよくやっていくと、よりエネルギーがよくなり、自分の人生がよりよくなっていく、ということはあります」

・・・おおっと、テーマが、まさかの「先祖供養」に及びましたね。

先祖は、とにかく「自分が生きていた時代の社会通念」に基づいて、子孫に号令をかけてきます。とすると、例えば、「個人の幸せより、家系の名誉の方が大事」だったりします。魂はすごく自由でも、肉体がそうした先祖の号令に縛られていると、板挟みになってどうにも動けなかったりします。

で、ちょっと補足しておきますと、いわゆるお寺等で、何回忌、というような形で行う一般的な先祖供養は、ざっくり言うと、あちらの世界ですでに成仏されているご先祖様にエネルギーを送って、より安らかにより快適におすごしいただく、というものです。これに対し、あべけいこさんが行っている先祖供養・先祖解除は、子孫に対し、すでに時代遅れの号令・プレッシャーをかけ続けている先祖、ある意味、もう「幽霊」となってしまっている先祖を、いわば「成仏させる」ものだと思えばいいでしょう。

この「先祖供養・先祖解除セッション」は、あべけいこさんだけでなく、今後、チャネリングスクール卒業生の中から取り組んでいく方が、続々出てくると思いますので、よかったらご検討いただければと思います。

いや、思わぬところに飛び火しましたが、こういう発見も、やはりワークショップに参加してこそ。一見、WSのテーマに全く関係ないような体験をすることもありますが、それこそ、今すぐ、一番最初にとりくむべきテーマ。いま自分にとって必要なことがしっかり起こりますので、どうぞWSを活用して、自分自身と向き合ってみてくださいね。

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!10月までのスケジュール、公開中しています!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!