こんにちは、マモルです。

昨日のブロの続きです。いろいろありまして、アシュタールのメッセンジャー、Dr.テリー・サイモンさんグループセッションを受けることになりました。あ、撮影禁止のため、写真はありません。ごめんなさい。

今回はミニグループセッションなので、45分(通常だと2時間半)。だいたい30分ほど全体的な話があって、その後一人ずつ、短いメッセージがおろされるんだそう。

自己紹介の後、Dr.テリー・サイモンさんが、さっそくアシュタールをチャネリングします。いわゆる、「フルトランス・チャネリング」です。口調も顔つきも変わりました。なかなかすごい。(画像は、KARAさんのHPからお借りしました)

で、なんで私が、「場違い感」を感じていたかですが・・・もともと今回のイベントは、Dr.テリー・サイモンさんの最新刊「アシュタール、愛、なぜこうなるの?」の出版記念ということでもあったんですよね。(写真は、Amazon様からお借りしました)

なので、参加者が私以外、みんな女性、かつ、「ロマンスがほしい」「パートナーがほしい」という思いをお持ちの方が多く・・・オッサンの私は、完全にアウェイ。早く逃げたい。

当然ながら、グループセッション前半の全体的なメッセージは、いわゆる「男女の愛」の話が中心に。お話は傾聴しつつ、ひたすら気配を消します(汗)。

そして後半。サイモンさんが、参加者一人一人の目の前に立って、メッセージを下ろしていきます。一人につき30秒ぐらいかな?録音NGだったのでうろ覚えですが、だいたいこんな感じ。

「あなたは愛です。愛をどんどん周りの人に与えてください」
「あなたはヒーラーです。癒すのが天命です」
「あなたは動物です。動物たちはあなたを愛しています。あなたが動物を愛すれば、世界は愛で満たされていきます」
「あなたは光です」
「あなたはバランスです」
「あなたは歌です」
「あなたは幸せです」・・・etc。

うーん、ちょっと抽象的すぎて、わかったような、わからんような。正式なグループセッションだと、もっと具体的なんでしょうが、「癒しフェア」内でのミニセッションということで、こんな感じなのかもしれません。

そしてだんだん、私の番が近づいてきます。正直なところ、私だけ明らかに場違い。みんな、「愛」だとか「光」だとか、「緑」だとか「ヒーラー」だとか、いい感じのシンボリックなことを言われていますが、私だけ、「あなたはケダモノです」「あなたは汚物です」とか言われたらどうしよう・・・と、内心ビビリまくり。

いよいよ、私の番。メッセージがおろされます。

「あなたは、力強さ。パワーです」

ほお、それならよかった。まあ悪くはない。

そう思った瞬間、予想外の言葉が続きました。

「私と一緒に宇宙を飛びましたね。私の宇宙船を飛ばしたこともありましたね。あなたは司令官でした。また戻ってきてくれてありがとう。(なんか息を吹きかけて・・・)今、あなたの中のスターシードを覚醒させました」

ゲロゲーロ。なんだそりゃ。

結果として、約20人の参加者のうち、「スターシード」という言葉が飛び出したのは私だけ。まさかこんなところで、こんな通告を受けるハメになるとは・・・やっぱり場違いだった(笑)。

そして、一人一人へのメッセージが終了したところで、あらためて、最後の全体メッセージがおろされました。

「まずは自分を愛することです。自分が持っていないものを人に与えることはできません。ですから、まずは自分を愛する。そうすれば、他の人を愛することができます。私は、愛の祝福を皆さんにお送りします」

うんうん、激しく同意。やっぱり、「自分を愛する」ことが、一番大事。高次存在の言うことは、結局、一緒になるんですね。

と、この時点で、予定の時間をかなりオーバー。

本当は、一人一人記念撮影やサインの時間があったのですが、次の予定があったため、泣く泣く会場を後にすることになったのでした。なので、私が撮影したテリーさんの写真はありません。お許しくださいまし。

しかし、思いがけず、「スターシードの覚醒」をされてしまうとは(まあ、宇宙人由来の魂であることは、以前からさんざんあべけいこさんの高次存在から言われていますが)。この後、何か変化がおきてくるんでしょうかねぇ。

あらためて思えば、小島由香理さんのところに挨拶に行き、ミニグループセッションを受けるハメになったのも、私のガイドや高次元のたくらみではなかったかと。また今回もまんまと乗せられてしまい、相変わらず、高次のやることにはかなわんなあ・・・と思わされた次第でした。

というわけで、小島由香理さんDr.テリー・サイモンさん、そしてアシュタール、ありがとうございました!

きょうも明るいほうへ  マモル

ライフパス・アカデミーWSのスケジュールはこちら!9月までのスケジュール、公開中です!
★私の対面個人セッション」、「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!