こんにちは、マモルです。

まずは告知。「ライフパス・アカデミー(LPA)」、明日土曜日は「クリアリングWS」を開催予定。本日夜まで、お申し込み、受け付けておりますよ!

そして、来週土曜日は、「インナーチャイルドを癒すWS」。個人的には、ンナーチャイルドワークほど、すぐに気づきがあったり、即効性の高いワークはないと思っています。よかったらご検討くださいね!

さて、昨日のブログの続きです。初の大阪開催となった「自分を知り、最高最善を生きるWS」。このところの災害や猛暑の影響もあって、皆様、知らず知らずのうちに疲れがたまっておられたようで、初日は、とにかく、ゆっくりお休みいただきました。

そして迎えた2日目。徐々に皆様の体験も、増えていきます。

自宅でもヘミシンクにとりくんでいるという、WS初参加のN様。自宅ではあまり体験はないそうですが、さすがにWSに参加されると、知覚が大きく広がっていきます。

N様がまず感じたのは、自分が小さかった頃の、親に叱られていて、狭いところに閉じ込められるような記憶。

次に受け取ったのは、「お願いだから殺さないで」「お母さん、お母さん」と泣きながら懇願しているイメージ。

またさらには、汚く薄汚れた格好の男が、一人寂しく砂浜を歩き、「またやってしまった。また失敗した。自分は一人だ・・・」と、ブツブツ呟いているイメージも。

N様は、今回のWSで、ヘミシンクを聴くたびに、このような、とてつもない恐怖・悲しみ・苦しみ、そして孤独のビジョンをたびたび受け取り、何をどうしてしていいかわからず、ただ涙する、その繰り返しだったそうです。

でも、その涙の裏側には、自分で意識しなくても、ある思いが込められています。

それは、「助けてあげたい、癒してあげたい、解放してあげたい」という思い。

すると、その思いを受け取って、ガイド達が動き出します。

どのヘミシンクセッションのときもそうだったのですが、N様が、ただただ涙していると、いつしか緑色の光が現れ、それぞれ、傷ついている女の子や孤独な男を包み込み、優しく抱いて、癒し始めたのだそうです。やがて、女の子や男は、安心したように、光に包まれていったんだそうです。この緑色の光こそ、N様のガイド。ずっと、N様のそばにいて、N様がこの体験をするのを待っていて、動き出したのですね。

N様、その様子、イラストにしてくれました。

これこそ、現世や過去世に散らばる、自分自身の魂の回収と浄化。潜在意識の奥深くに眠っていた、恐れ・悲しみ・苦しみ・孤独の思いの解放です。

実際のところ、視えてきたもの・感じたもの・受け取ったものに対し、自分で意図して書き換えたり光を送ろうとしたりしなくても、ガイドが勝手に動き出して、浄化と解放をしてくれることはあります。それは、自分の内側にあるものを、自分が認識したから。気づかないうちはどうにもならないけど、気づけば、それは解放できるのです(逆に言えば、解放できる準備が整ったものだからこそ、気づかされる、ということでもあります)

ヘミシンクを聴いて、自分の内側をみて、自分の奥深くにあったものに気づく、そして解放する、そうした体験を、一つ一つ積み重ねていくことで、自分が変わり、目の前の現実世界も、変わっていくのです。

N様は、WSで流した涙の分だけ、潜在意識の解放が大きく進んだことになります。これからのN様の変化変容が、とても楽しみです。

明日も参加者の体験、ご紹介します!。

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!9月までのスケジュール、公開中です!
★私の対面個人セッション」、「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!