こんにちは、マモルです。

さてさて、またまた昨日のブログの続きです。飛躍上昇のカギを受け取るWS(7/2~7/4)」でおろされたエネルギーの内容や意味について、高次元存在からの言葉を、できるだけそのまま、お伝えさせていただきますね。

⑤よりバランスをよくするエネルギー

上にも下にも右にも左にもふれず、ちょうど中央にいる。このとき、私たちは、私たちの場所にいます。バランスを失うことは、宇宙の調和を失うこと、そして、それこそ、足し算引き算でははかれない世界の最たるものです。
では何がバランスなのか、何が中央なのか、それは誰も答えがありません。しかし、感覚があります。直感があります。サイキックがあります。
あなた方がサイキックというものの履き違えをしないように、上部のチャクラに手をかけていきます。耳が聞こえることだけがサイキックではありません。目が見えることだけがサイキックではありません。より感覚を研ぎ澄ますとき、理由はなくても、これはこうなのだと、より重みをもってわかる、それこそが、バランス感覚。そのバランス感覚を皆様に差し上げたい。これは理由もないが、絶対にこれなのだ、と思うとき、それはただそのバランス感覚にのっとって、サイキックセンスがただ現わされていく。
そのようにして、あなた方がより迷子にならないように、やりすぎないように、また不足がないように、いま、あなた方のバランスを、しっかり中央に据えさせていただく。
また、家族関係のバランスについても正していく。
もしあなた方がより大きなエネルギーを受け止め損ねて地上に叩きつけられると致しましょう。そのとき、誰があなた方を助けるか。それは、家族に違いありません。
今は、あなた方が、家族を助けているかもしれません。しかし、家族は、乗りあう船の最小単位。そして、最小単位の人々を温めることができなければ、我々は、隣人の一人たりとも温めることはできません。
今、あなた方の履き違えを正します。例えば、兄弟・姉妹間の戦いはなぜ終わらないのか。あるいは夫婦間の戦いはなぜ終わらないのか。
それは、あなた方が、自分に厳しすぎるとき、自分と他者を分けすぎるとき、自分には厳しく他者には優しくしすぎると、自分と同等であるご主人や兄弟やご両親にも厳しくしてしまいます。
このような傾向は、よりまともにしつけられた人にありがちなタイプ。他人に優しくしなさい、しかし自分のことは努力をしてしっかりやりなさい、そういう教えがあると、自分と同等だと思っているご主人や身内には、厳しくなってしまいます。しかし、それ以外の人には、ヘコヘコしたりへつらったり笑ったり、また真心をもって対応したり、そしてそれを、ご主人やご家族に強要したりもするでしょう。
そういうこことは、もう必要ありません。今、私たちは自分を大事にします。むろん、他者も大事にはしますが、しかし、まず誰を大事にするかというと、自分と家族です。
あなた方の曲解グセとして、“私はどうでもいい、私は最後でいい、家族が幸せであるならば”というケースもあります。このような履き違えもいりません。家族に対し愛があり過ぎる人も、家族によって自分を閉じこめてしまっている人もいます。例えば、家族がドンジリだと、自分もそれにあわせてドンジリでなければならない、と思う人もいるでしょう。あるいは、家族が持たざる人達だと思うとき、自分も一緒に持ちません、としている人もいるでしょう。そのようなことも、必要ありません。
家族は、 乗りあう船として最小単位で、そして助け合うべきであるかもしれないが、助けすぎることもないし、影響を与え合いすぎることもありません。ただシンプルにそれはそうなのです。そのバランスを崩さないようにと、よりバランスのエネルギーをあなた方に差し上げます」

うーん、言葉だけでは、やっぱり難しい。でも、エネルギーをおろされながら聞くと、ただ「わかる」のです。エネルギー漬けされることで、自分を取り繕っていたものが解放されていく。それこそが、ライフパス・アカデミーのワークショップなのだと思います。ご参加、お待ちしています!

あともう1回、続けますねー。

きょうも明るいほうへ  マモル

ライフパス・アカデミーWSのスケジュールはこちら!9月までのスケジュール、公開しています!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中です!