こんにちは、マモルです。

ご報告が遅くなりましたが、先日、「アクアヴィジョン・アカデミー」の「トータルセルフ体験コース」に参加して、私が出会ったハイヤーセルフ、「ミランダ・カーもどき」。(そのときの話は、こちらをご参照ください)

で、報告が遅くなりましたが、注文していた、「ミランダ・カー」の本、「トレジャー・ユアセルフ」手元に届きましたよ!

しかし、この本を開くには、少々勇気が必要でした。だって、裏表紙に、こうあるんだもん。

「世界中の、個性的で才能あふれる、すてきな若い女性たちに捧げます」

ううむ・・・やはり、お門違いか。

とはいえ、せっかく購入したのに、読まないわけにもいかない。別に女装して女子高に入学するわけではないし(笑)、上から書店のカバーを付け、書名がわからないようにして、電車移動の合間に読もうと、カバンに放り込みました。

で、昨日までのブログでご紹介していた、京都での勉強会の帰りの新幹線の中で、ようやく読み始めたのですね。幸い、隣の席に座ったサラリーマン風の男性は、早々に居眠りを始めてくれたので、覗かれて恥ずかしい思いをする心配はなし。いや、別にみられて恥ずかしい本ではないのだが。葛藤。

しかし、読み始めてみると・・・、これがなかなか、性別・年代関係なしに納得できる、いい言葉、素敵なアファメーションのオンパレードでした。

特に64ページのくだりは、さらっと書いているけど、一番大事なこと。長くなるけど、引用します。

「あなたがもし自分を尊重していなければ、どうやって他の人に尊重してもらえるでしょう?失敗するたび自分をめちゃくちゃ責めてたら、まわりの人たちも同じところに目をつけて、批判してくるんです。でも、あなたが自分を正しく評価するようになれば、彼らも評価しはじめる。なぜかって?自分自身を大切にしているの見て、“ああ価値のある人なんだ”って、みんなも気づくから。結局、自分をどう扱うかで、他人の態度も決まるんです」

いや、いい言葉ですね。やっぱり、「自分を愛すること」が全て。それができれば、大概のことは、うまくいくんですよ。

本は二部構成で、前半がミランダからのメッセージ、後半は、ミランダの大好きな「アファメーション集」です。その日その日、何も考えずパラっとめくったページに出てきたアファメーションを唱えてみる、そんな使い方もできそうですね。

というわけで、もし、「ただのタレント本でしょ」と思っている方がおられましたら、そんなことはないです。なかなかの良書です。声を大にして、「おススメです!」と申し上げさせていただきますね。さわやかな明るい気分になれますよ!

きょうも明るいほうへ マモル

ライフパス・アカデミーWSのスケジュールはこちら!
★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!