こんにちは、マモルです。

ちょっと昨日のブログの続きというか、補足というか。

「土用」は、「季節の切り替わりの期間」という説明をさせていただきましたが、「土用」のもとになっている「陰陽五行」の「土」の要素には、実はもうひとつ、大事な意味があります。

それは、「中央」

例えば、「陰陽五行」の「木火土金水」を、四季だけでなく、方位にあてはめていくと、「木=東」、「火=南」、「金=西」、「水=北」となります。では、ひとつ余る「土」はどうなるか?というと、もうおわかりですね、「中央」になるわけです。つまり、下のような図になります(画像は、ネットから拾ってお借りしました)。

四季にしたって、方位にしたって、ベースとなる「真ん中・基準点」があるから、その違いや特徴が理解できるわけで、つまり「土」が、すべての「中央」になるわけです。

で、「土用」の期間というのは、えてして、「いろいろ不安定な凶の時期」「あまり動かない方がいい時期」というマイナスイメージでとらえられがちです。でも、「土=中央」ということをふまえれば、この「土用」の期間こそ、「自分の中央・自分の中心に立ち返ることが大事な時期」という考え方もできます。移行期・変動期だからこそ、自分の軸をしっかりもっておくことが大事だよ、ということですね。

時代の波に乗る、というのは、時代の波に流されていく、ということとは違います。自分の軸をしっかり立てて、波の動きを見極めて、その流れにうまく乗っていきながら、自分の進むべきところにより早くより力強く進んでいく、ということです。だからこそ、自分の軸が大事。サーフィンだって、まず体幹がしっかりしていなければ、サーフボードの上に立つことすらできませんからね。

というわけで、昨日から始まった、大変化・大転換の今回の「土用」の期間、自分の軸をしっかり確認する、自分の軸にしっかり立ち戻る期間にするというのも、非常に大事なことかと思います。

そして、そのためにお役に立つのが・・・って、このフレーズは、もういいか(笑)

というわけで、2日間ぐだぐだ「陰陽五行」「土用」の話をさせていただきましたが、この「春の土用」をどのようにお過ごしになるか、少しでも何かヒントになりましたら幸いです。

そしてきょうは、白金台サロンにて、鈴宮羽留美さんをファシリテーターに、「ガイドとのつながりを強化するWS」を開催させていただきます。私もサポートに入ります。見えない世界の方で、大きな変化がどんどん加速しているこのタイミングだからこそ、いったいどういうことが起こるのか、すごく楽しみです。

では、行ってまいります!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!