こんにちは、マモルです。

きょうから、「春の土用」ですね。

このブログにたどりつく方なら、ほぼ皆さんご存知かと思いますが、「土用」とは何かというと、要は、「季節の切り替わりの期間」のことを指します。

今年(2019年)で言うと、こんなスケジュール。


冬の土用(1/17~2/3)

春の土用(4/17~5/5)

夏の土用(7/20~8/7)

秋の土用(10/21~11/17)
冬(→2020年へ)

そもそも、「土用」は、全てのものは、「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素から成り立つとする、「陰陽五行」の考え方にもとづくものです。四季をこの要素にあてはめると、「木=春」、「火=夏」、「金=秋」、「水=冬」となって、ひとつ余る「土」が、「季節から季節への移行期間」と位置付けられているんですね。下記の図をご覧いただければ、だいたいわかると思います(※画像は、ネットから拾ってお借りしました)

で、この「土」が何を意味するかというと、ズバリ、「破壊と再生」「死と誕生」。春から夏への移り変わりを、「春が終わって夏が始まる」「春が死んで夏が生まれる」と考えると、わかりやすいでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが・・・今年の「春の土用」は、例年にも増して、『大変化・大移行の期間』となります。

もうおわかりですよね。「春の土用」期間中の5月1日に、新天皇が即位し、改元されるからです。

こう考えてみると、即位・改元が、この「春の土用」期間に行われるというのは、なかなか理にかなった日程だな、と思いますね。というか、表の理由としては出てこないにしても、実際には、そういうこともふまえた上での決定なのでしょう。

そして、昨日のブログの「シェルドレイクの仮説」ではないですが、日本の中心・中核にあたる天皇陛下の即位・改元は、日本国民としての集合無意識に、大きな影響を与えます。一庶民の自分には特に関係ないよね、と思っていても、自分の意識の深い深いところで、一緒に変化していくのですね。

それが具体的にどういう変化なのか、という話はおいといて、とにかく、今年の「春の土用」は、まさに例年にないレベルの、大きな転換期となります。

そして、さらにスピっぽい話につなげていくと、過去の新天皇即位・改元のとき(直近だと昭和から平成ですね)と比較して、今回は、もうひとつ、より大きな要素が加わっています。それは、「地球のアセンション」が、同時進行しているということ。だからこそ、今回は、これまでにないレベルでの、大きな変化につながりやすい、ということも言えるわけです。

そして、この転換期を、自分にとっていい流れとしていけるかどうかは、やっぱり、自分次第。

だからどうすべき、という答えがあるわけではありませんが、この大転換・大変化の「春の土用」の期間、もちろん10連休のGWとも重なっていますし、徹底的に楽しんだり、ただ休んだりするのもありですが、せっかくなので、じっくり自分自身と向き合って、これからの自分の生き方・あり方を考えてみる、そこに思いを馳せてみる期間としてみるのも、けっこういい過ごし方になるかもしれませんね。

そして、自分と向き合うのなら、本当の自分自身を知ろうとするのなら、「ライフパス・アカデミー(LPA)」ワークショップ(WS)がお役に立ちますよ・・・というのは、ちょっと乗っかりすぎですね、失礼しました(笑)。

というわけで、例年にない大転換期の今年の「春の土用」、この期間をどう過ごすかによって、これからの自分の流れが決まる、というところもあるかも?しれません。皆さん、どうぞ楽しく充実した毎日をお過ごしくださいね!

皆さんのご開運を祈念致します!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」、も受付中ですよ!