こんにちは、マモルです。

「1/22先祖解除セッション」、さっそくいろいろご報告・ご感想等、いただいております。ありがとうございます。詳しい報告は、またあらためて。

で、今回のセッションでは、事前に、「膿み出し」として、「目」に関するご報告を、複数いただきました。

私自身、「一時的に左目が開かなくなった」とご報告させていただきましたが(※こちらのブログ参照)、実は、同じ日に、こんなメールをいただいたんですね。

今回が2回目の、MY様から。

●『早速ですが、報告です。

セッションの入金を済ませた翌日、仕事をしていると、目に違和感を感じ、上司から「目が充血している」と言われました。

鏡を見ると、左目が結膜下出血を起こして、白目が真っ赤になっていました。

症状自体はさほどひどくはなかったので、すぐに帰宅して、コンタクトを外しましたが、初めてのことにビックリ‼︎です。

仕事のPCやスマホ、睡眠不足で、目が疲れていたのだと思いますが、マモルさんのブログにあった「大らかになる」、つまり、目が疲れること、自分含め人への厳しい視線を、和らげてねっ、と、言われているように感じました。

仕事を思うように進められない自分にイライラしたり、気持ちに余裕がなく、人を批判してしまうことを、知らず知らずのうちに、積み重ねていたのだと、気づきました』

そしてもう一人、今回が3回目の、MO様。

●『毒だしなのか、数日前から、左目まぶたが、赤く腫れています

・・・いや、なかなかのシンクロですね。

しかも、私を含め、3人とも、「左目」なんですよね。

確か、以前にもちょっと、このブログで書いたことがあると思いますが、「“邪”は左から」という言葉があります。

ざっくり、「“見えない世界のよくない存在”の影響による体調不良や異常は、左半身側から出てきやすい」という意味合いで、とらえていただければいいです。よかったら、覚えておいてください。

今回の場合は、“よくない存在”の影響を受けているというよりは、その影響の「解除」を、エネルギーの世界で行っているから、その余波としての「膿み出し」が、左目に強く現れた、という風に、ご理解いただけるといいかと思います。

ちなみに、他にも、「目」ではないですが、左半身の異常をお伝えしてこられた方も。

こちらも3回目の、TS様。

●『いつもだと、ブログで紹介されているようなわかりやすい現象とかは、自分にはないのですが、なんでもいいということなら、一つご報告いたします。

セッションを申し込んでから、睡眠中に、体の左半分に不快感を感じて、夜中に目を覚ます、ということが続いているのです。

どう形容してよいのかわからないのですが、ムズムズソワソワする感覚で、じっとしていられない感じです。

今回のセッションと関係があるかはわかりませんが、申し込んだ日の夜からなので、一応ご報告いたします』

そして、今回が7回目の、YN様。

●『左肩がめちゃ痛いです。背中が重い。左肩は、お申し込みをした時にいつも痛くなって、棒で左肩をグリグリされてる感じがします』

・・・これも同じですね。

要は、いろいろと解除が進んでいて、それが、左半身側の異変、という感覚で、現れてきている、というサインです。

いずれにしても、セッションが終わったことで、もう落ち着いていくと思います。

そして、お申し込みの方ではないのですが、セッション2日前の1/20(水)、「私より見える人・わかる人」とお茶してまして、その夜も、LINEでやりとりしていたら、こんな発言が。

・・・というわけで、申し訳ないのですが、この方にも、ちょっと「飛び火」したみたいですね。

まあ、このときは、この「私より見える人・わかる人」のエネルギーもお借りして、事前から、さらに「解除」が進められた、ということなんだろうと思います。

この方には、ご自身の預かり知らぬうちにご尽力いただいたこと、この場を借りて御礼申し上げさせていただきます(笑)。ありがとうございました!

いずれにしても、エネルギーの世界って、本当に奥深いなあ、、、とあらためて思わされた、シンクロ現象のご報告でした。

きょうも明るいほうへ  マモル