こんにちは、マモルです。

さて、先日、「自分の本質を解放する光のセッション」を行わせていただいたわけですが、事前も事後も含め、こういうセッションでいただくご感想としては、やっぱり「夢」のご報告が一番多いです。

夢にいろいろと、解除・解放のサインや、様々なメッセージが含まれているということを、多くの皆さんがご理解されているからだと思っております。

一方、やっぱり、「夢は全然見ないです」「見ているような気はするのですが、まったく覚えていません」という方も、それなりに、いらっしゃいまして。

けいこヴァールハイトさんのYouTube動画でも触れられていましたが、「ふだんから夢をまったく見ない」という方は、こと意識の世界から見れば、『(エネルギー的に)重症患者』ということになるようです。(※現実世界を充実しきって生きていて、夢は見ないけど毎日ぐっすり快眠、ということであれば、必ずしもそうとは言いきれませんが)

でも、エネルギーの状態がよくなり、エネルギーに敏感になっていくと、そのうちハッキリとした夢を見ることも多くなり、さらに、しっかりと覚えていられるようになっていきます。

そういう意味では、いろいろとエネルギーワークにとりくんだり、解除セッション等を受け続けていくと、状態は変わっていきます。どうぞ、とりくんでみてくださいね。

で、「夢は見ていると思うんだけど、覚えていられないんですよね」という方で、「見た夢をしっかり覚えていられるようになりたい」という方がいらっしゃったら、ひとつ、下記の方法を、試してみてください。

ものすごく簡単です。

寝る前に、「私は、これから寝ている間に見る夢を、明日、目が覚めても覚えています」と宣言すること。

さらに続けて、ご自身のガイドにも、お願いしてみてください。

「そのことを、私をサポートしてくれている、ガイド、ハイヤーセルフ、高次元のポジティブな存在に依頼します。そうなります、そうなっています、そうなりました。ありがとうございます」

簡単ですけど、意外と効果がありますよ。

また、自分のガイド存在とのつながりを強めていくことにもなります。よかったら、してみてくださいね。

ただ、最初のうちは、目が覚めた瞬間からしばらくの間は覚えていられたとしても、すぐに忘れちゃうと思います。

ですので、「夢日記」とまではいかなくても、印象的なシーンだけでも、起きたらすぐにメモするとか、何か書き残した方がいいですね。慣れていくと、メモ無しでも、けっこう長く覚えていられると思います。

一人暮らし等で、誰かに聞かれる心配がない(もしくは、同居の方に聞かれても平気)という方は、「こんな夢だった~」と、話し言葉として口に出して、それをスマホで録音しておくのも手です。それを、「文字起こしアプリ」を使って、テキスト化して記録に残しておくと、楽ちんです。

どんな夢だったかをしっかり覚えておいて、記録しておくと、そのときは意味がわからなくても、後で読み返していくうちに、「ああ、あの夢はこういう意味だったんだ」「このことを伝えていたんだ」という感じで、わかってくることがあります。

そして、続けていくうちに、「見た夢の意味」も、どんどんわかるようになっていきますよ。

というわけで、本日は、見た夢を覚えておくための、簡単な方法をご紹介させていただきました。

よかったら、お試しくださいませ!

きょうも明るいほうへ  マモル