こんにちは、マモルです。

きょうから3月ですね。

新型コロナウイルスによる社会不安が広がっていますが、これはいずれ収まりますんで、ちょっとだけ、そのさらに先の、これからの話を。

けいこヴァールハイトさんの高次元存在によると、これから、地球の周波数は、また不安定に乱れていく時期に入るようです。

それは、たくさんの高次の光が、地球に降り注いでくるから。

そうすると、何が起こるか。

私達の内側にあるエネルギーに反応して、内側にあるものが、どんどん具現化して、表出していきます。

それにより、内側にネガティブさが多い人は、どんどんネガティブな状態が、内側にポジティブさが多い人は、どんどんポジティブな状態が、具現化されていきます。急降下する人もいれば、急上昇する人もいる。いわゆる、「二極化」が、さらに進んでいきます。

なんだ、そんなこと、これまでも何度も言われてきた話じゃん、と思うかもしれません。

でも、これから先は、単にその人の持つネガティブさが、というより、特に、その人の中にある、『業・カルマ』が、活発に動き出し表面化してくるようです。

『業・カルマ』とは何かというと、ものすごく簡単に言えば、「因果応報」「自分のやったことが自分に返ってくる」ということ。いいことをしていればいいことが、悪いことをしていれば悪いことが自分に起こる、ということ。

ただ、それは自分個人の今世だけの話ではなく、自分が過去世でやったことに対して、あわせて、過去に自分の先祖・家系・血族がやったことに対しても、起きてきます。呪術的なものも、複合的にからんできます。

そういうものが、自分の内側に深く濃く刻まれている人は、それがどんどん表出化して、具現化して現れてくる。そのスピードが、どんどん速くなっていく。

もちろんこれまでも、この「業・カルマ』の表出という現象は、個々のレベルではそれなりに起きていたわけですが、高次の光がこれまでよりさらに容赦なく降り注ぎ、自分の内側がどんどん照らされていくと、その中にある真っ黒な部分、その中核とも言える『業・カルマ』が、さらにどんどんあぶり出されてくる、という仕組みですね。

早ければ、夏前ぐらいには、もうそれが目に見えてわかるような状態になっていくかもしれません。

正直なところ、世の多くの人は、やっぱり内側にいろいろ抱えていますので、そういう意味では、ネガティブなことばかりが、さらにより表出していきやすい時期になっていく、ということになります。

じゃあ、どうすればいいかというと、やっぱり、「業・カルマ」を含めた、自分の内側にあるネガティブなものを、どんどん解除・解放していくしかない。自分のエネルギーを変えていくしかない。自分を変えていくしかない。

様々なエネルギーワークや、先祖供養・呪術解除等の各種セッションも、そのためにあるものですから。

そして、先日のブログでもお伝えしましたが、自分のエネルギーを変えていくことに連動する形で、今の自分がいる「小さな世界」「不満はあるけどそれなりに低位安定した世界」「社会的ポジション・人間関係」にしがみつくことなく、それを手放して、破壊して、新しい世界を築いていくことに、恐れず取り組んでいただければと思います。

少なくとも、この記事を読んでいる皆様は、そういうことができるからこそ、ご自身のガイドに導かれ、ここにたどり着いてきていているはずですから。

そして、皆さんのサポートをさせていただきながら一緒に進むことで、私自身も、自分の内側にあるものを同時に解除・解放し、新しい世界を築いていければと思っております。

というわけで、いろいろ大変なことが多そうな時期に入りますが、不安や恐怖に立ちすくんでいても仕方がありません。最初に述べたように、一気に急上昇だって、もちろん期待できる時期でもあるわけですからね。

きょうから3月、春はもうそこまで来ています。

意識を「光」の方に向けて、進んでいきましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル