こんにちは、マモルです。

クスコでの遺跡巡りについては割愛。夕食は、クスコビールと、ペルー伝統料理のロモサルタード(牛肉と野菜の炒め物)をいただきます。

でも、実はこの時点で、ツアーメンバーの半数近くが、頭痛や倦怠感など、体調不良を訴えており、やっぱり高山(※クスコの標高は約3400m)は、なかなか大変です。もちろん、今回のツアーのメインは、ネガティブ除去・あまたある過去世カルマの解除・解放にあるので、その影響も、少なからずあるんでしょう(実は私もそれなりにヤバかった)。

さらに翌朝は、早朝5時半発。朝のバスの車内は、かーなーり、どんより。

しかし、出発するなり、けいこヴァールハイトさんの高次元存在が、「皆さん、浄化が必要ですね」と、さっそく約1時間のエネルギーヒーリング。皆さん、半分寝ながら聞いていましたが、これでだいぶ復活できたようです。

そして、午前10時すぎ、誰一人欠けることなく、無事、マチュピチュ到着!天気にも恵まれ、絶景を堪能させていただきました。

そして、マチュピチュの全景を眺められる広場のところで、ツアーのメインイベント、参加者一人一人の浄化と、それぞれのテーマにもとづく解除・解放の儀が、行われました。終わられてみると、皆さん本当に、”いい顔”に、そして”軽く”なっていたように思います。

それから、じっくりと、マチュピチュの各ポイントを満喫。しかしまあ、こんな山中に、よくこんな石造りの都市を建設したもんですね・・・

トカゲさんやウサギさんも歓迎。

リャマもいます。

通常、3時間程度のコースを、解除・解放の時間の関係もあり、4時間以上かけて回りましたが(それでも時間が足りず、後半はかなり駆け足)、全員しっかりミッションコンプリートできて、よかったです。

それからまた4~5時間かけてクスコに戻り、夜9時過ぎからようやくホテルで夕食開始。私は近くで養殖しているというマスの料理をチョイス。美味しかったです。

しかし、けいこヴァールハイトさんは、「マチュピチュ遠隔解除セッション」実施のため、一人だけ早々に切り上げてお部屋へ・・・。お役目とはいえ、ほんとに大変なんですよね。

とりあえず、メインイベントの「マチュピチュ」、無事終了。明日は、次のメインとなる「ナスカの地上絵(←チチカカ湖から変更)」にむけて、とりあえず、リマにまた飛行機で移動します。さすがにもう、たぶん、大きなトラブルはないんじゃないかなあ、と思ってはおりますが・・・引き続き気を抜かずにいきますね!(とは言いつつ、がっつり楽しんではおりますが)

きょうも明るいほうへ  マモル