こんにちは、マモルです。

本日、私の「先祖解除セッション」、行わせていただきます。開始時間は午後1時頃としておりますが、場合によっては、1時間ほど前後するかもしれません。お申し込みいただいた皆様、お仕事中かもしれませんが、できるだけリラックスしておすごしくださいませ。

そして、話は変わりますが、こちらのブログでご紹介させていただいたA様から、「遠隔解除セッションinフランクフルトのおそらく最終報告」として、昨日メールをいただきました(※A様は、ご報告として、数回にわけてメールをくださっていました)。

【A様からいただいたご感想】

「ブログを拝読し、憑依とグランディングのお話で、グランディングということが、自分へのグランディングだとわかり、目から鱗が落ちました。

実は、グランディングとよく聞きますが、いまいちイメージがわかず、地球へのグランディング?宇宙へのグランディング?と、あやふやでした。でも、自分へのグランディングとわかり、すっきりしました。

さて、「遠隔一斉解除セッションinフランクフルト」の最終報告と思えることがございました。

先週、職場で、上司が、ドイツ製の文房具が入っていた袋に、もう不要となった文房具を入れて、“捨てといて”と、私に渡してきたのです。

過去世において、ドイツで背負った不要なものが捨てられた、ということかと思いました。

前回ご報告いたしました“悪魔のささやき”的なことがなくなった件は、そのままの状態のままですが、新たな憑依にあわないよう、おすすめされていたCDを早速購入いたしました。

改めて、今回のセッションへのお礼を申し上げます』

・・・A様、ありがとうございます。

A様は、ガイド存在としっかりつながっていることもあり、わかりやすいサインをいただけて、しっかり気づけて、よかったですね。

そして、たぶん、多くの皆様が、そろそろ、そういうサインを受け取っている頃ではないかと。

というのも、けいこヴァールハイトさんの昨日配信のメルマガでも触れられておりましたが、ドイツでの各種遠隔セッションから、もう3週間(21日間)がすぎたからなんですね。つまり、期間満了というわけです。

なぜ21日間なのか、ということについて、私も明確に教わったことはないんですが、ちなみに仏教では、3は”喜び”の数、7は”完了”の数です。

その3×7で、21。

「呪術解除」に限らず、連続神社参拝法など、神道系・仏教系の様々な修法で、よく「21日間」という数字は出てきます。おそらくは、これが根拠なのではないかな、と思っています。

けいこヴァールハイトさんの3つのドイツ遠隔のどれかを受けた方はもちろん、私のフランクフルト遠隔だけを受けた方も、もしかしたら、A様のように、何かしら、もう完了のサインを受け取っているのかもしれません。よかったら、ちょっと思い返してみてください。

「そういえば、あれがそうかも?」と、あっさり気づいたりできるかもしれません。

もちろん、個人差はありますので、そう気になさらなくても大丈夫です。サインの有無にかかわらず、解除・解放は、しっかり行われていますから、そこはご心配なく。

ドイツ遠隔セッション、そして私たちのドイツ旅に心を寄せていただいた皆様に、あらためて深く感謝申し上げます。

それでは、「先祖解除セッション」に向かいますね!

きょうも明るいほうへ  マモル