こんにちは、マモルです。

私の「解除セッションinフランクフルト」のご感想やご報告、ご質問等をいくつかいただいているのですが、私の頭の中が、いまだにきちんと整理できた状態になっておらず、まだご返信等できておりません。本日の、けいこヴァールハイトさん「トーク&エネルギー供給会」が終わったら、少しは頭も働くようになるかと思いますので、もうちょっとお時間くださいませ。

さて、今回のドイツ旅、私個人にとって、一番大きな意味があったのは、4日目に訪れた「ケルン大聖堂」でした。

けいこヴァールハイトさんを通じて、高次元存在が教えてくれたのは、この地に、聖職者・修道士的な過去世があり、裁判官的なこともやっていた、とのこと。

ただし、その際に、「正しさ」「理」「法」ではなく、「情」に流されてしまうことが多々あり、それが、現在の仕事の進め方や姿勢にも、いろいろと影響を与えてしまっている、とのこと。

“そうした歪み、バランスの悪さを正す”ということで、「ケルン大聖堂」に導かれたのですが、そういう事情を抜きにしても、とても荘厳で居心地のいい、素敵なエネルギーに満ちたところでした。時間さえ許せば、終日、ボーっと過ごしていたいところでしたね。

ちなみに、この前夜、けいこヴァールハイトさんが「呪術解除inマインツ」を行い、この日の午前中に、森でいろいろ“埋める”ということをやったのですが、ケルン行きの指示がおりたのは、これらの一連の作業が全て終わってからでした。どうやら、この作業をすべてきちんとした形で終えられていないと、行くことは許されないプランだったみたいです。

おそらく、このケルン大聖堂でのエネルギーがなかったら、その後に行った私の「解除セッションinフランクフルト」も、中途半端なもので終わっていたのではないか、と。そういう意味でも、本当に、行くことができてよかったです。

そして、エネルギー漬けとして、しばし大聖堂前のカフェでお茶をしてから、フランクフルトに戻ったのですが、そのカフェのトイレが、またゴージャスでした。このトイレに入るだけでも、一見の価値あり!です。あ、一応、有料で、50セントかかりますけどね。

皆様も、ドイツ旅行に出かけることがあったら、ぜひ、「ケルン大聖堂」、お訪ねくださいね。すごくいいところです。ちなみに、私だけでなく、けいこヴァールハイトさんも、過去世でいたそうですよ(笑)そして、現世で出会う人は、必ず過去世で縁があるというこであれば、きっとこのブログをお読みの方は、一緒にこの地にいたことがあるんだろう、と思います。気になる方は、ぜひどうぞ!

きょうも明るいほうへ マモル