こんにちは、マモルです。

昨日は、「先祖解除セッション」を行ってました。詳しいご報告は、またあらためて。

さて、「こわい夢はブロック解除」という話を2日続けてさせていただきましたが、もうちょっと補足します。

まず、個人遠隔の単発版を受けていただいた方から、その後にみた「こわい夢」のご報告です。

「車が爆発するのがわかってて、離れた所へ運ばなきゃと、私が運転するんです。あと、5秒くらいしかないんです。車の中で頭押さえて1秒ごとに叫びながら、最後、あかん!死ぬ‼︎とびきり大きな声を叫んだ瞬間、目が覚めました。怖かった!」

 

これ、おそらく、なんらかの戦争に関する過去世にひもづく、「恐れのブロック解除」の夢ですね。こんな夢が見られるなんて、いいことですよ(笑)

で、今回、何が言いたいかというと、これを夢でみたからといって、この方に、「そういう車を運転していて死んだ過去世が、実際にあるとは限らない」ということです。

夢やヘミシンクでみえてくるものは、本当にそのものズバリの実際にあった過去世かというと、必ずしもそうとは限りません。あくまで、そういうシチュエーションの映像を見させることで、その過去世で味わった感情を追体験する、ということが、メインです。

だから、夢の中で、自分が「兵士だった、大金持ちだった、犯罪者だった、貧乏人だった、学者だった、神官だった、王様だった、神様だった」としても、それをそのまんま、「自分はそうだったんだ」と信じる必要はないです。

どうも、「自分はこんな犯罪者だったんだ」「こんな殺され方をしたんだ」「こんな失敗をしたんだ」と思って落ち込んだり、逆に、「自分はこの時代に王様だったんだ」「神様だったんだ」と思って、そのことでなんとなく気分よくなったりしている人も見受けられます。でも、本当にそうとは限りませんからね。(←ちょっと意地悪)

そもそも、過去世は過去世です。大事なのは、今世の自分です。過去世でひどい人生だったからといって、今世でもひどい目にあわなければならないことはないし、過去世で偉い人だったからといって、今世でも偉いわけでは、まったくないですよね。

それに、たいていは、どの人にも、楽しくいい人生だったと思うポジティブな過去世もあれば、ひどく嫌な人生だったと思うネガティブな過去世も、半々ぐらいで、あるものです。エネルギーワークでブロック外しをしていると、ついついネガティブな過去世ばっかりに向き合わされることになりがちで、落ち込みたくなるのもわかりますが、本当は、ポジティブな過去世も、たくさんあるのですよ。

というわけで、何が言いたいかというと、「夢でみたものは、実際に本当にあった過去世とは限らない。そのシチュエーションに囚われることなく、それをみることで感じた“感情”“思い”を受け入れて手放すことが大事」ということです。

大事なのは、あくまで今世の自分。過去世は、すべて過去の話。いま生きている自分の人生を輝かせていく、より楽しく喜びあふれるものにしていく、そこに意識を向けていきましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!