こんにちは、マモルです。

昨日のブログで、「宇宙エネルギー遠隔・個人版(有料)」のご案内をさせていただきました。

で、あらためて申し上げておきたいのが、「宇宙エネルギー」は、必ずしも「ヒーリング・癒し」ではない、ということ。いい気分になったり、リラックスできたり、身体や気持ちの不調が改善したり、ということももちろんありますが、逆のケースも、かなり、あります。

実際、一斉無料版の方でも、いろいろご報告をいただいています。

例えば、ある方は、遠隔当日に、完治したつもりの古傷が急に痛み出し、1日苦しんだ、とのこと。

また、あるご姉妹は、各自個別に申し込んだにも関わらず、そろって膀胱炎になって、しばらく悩まされたそう。

このほか、なぜかわからないけど、熱が出たり嘔吐したりして数日寝込んだ、という身体の異変や、急に怒りや悲しみなどのネガティブ感情が噴き出してきて困った、という気持ちの異変のご報告も、たくさんいただいています。

ただ、ほとんどの場合、一日、もしくは数日で収まりますので、長く後をひくようなものにはなっていないようです。そして、終わってみれば、なぜか、身体も気持ちもスッキリしている、そういう報告が多いですね。そして、そういったことの後の毎日では、いろいろ気づきが増えたり、見えない世界とのつながりを深く感じられるようになったり、気持ちが落ち着いて、あまり目の前のことに一喜一憂しなくなった・・・という方も多いようです。

実際のところ、宇宙エネルギーを受けて、身体や心に異変が生じるというのは、自分の中に隠されていたものを、一度表に出して発散する、そして解放する、手放す、というプロセスをふんでいるのと同じです。ひとつの浄化・クリアリングの形、いわゆる「膿出し」ですね。そしてそれは、確かに一時的なダメージにはなりますが、実際には、最小限レベルでの影響に留める形で行われていますので、正直、そんなに心配することはないです。

仕事で一日たりとも休むわけにはいかない、とか、お子さんや家族のお世話等で、一時でも自分が倒れるわけにはいかない、そう思ってがんばっている人たちこそ、身体に無理をさせていたり、いろいろな感情を抑え込んで、心の底にため込んでいたりします。そういう人たちには、まず休息・リラックスが必要ですから、とにかくぐっすり眠らせてしまう。それでも足りない人には、体調不良を引き起こして、強制的に休ませる、さらには、ためこんだ感情をある程度放出させてガス抜きさせる、そうしたプロセスをふみながら、同時に、浄化も行っているわけです。

あと、「悪夢を見た」というご報告も多いですね。これは、あべけいこさんの遠隔や先祖供養の感想・報告でもよく出てきますが、まず間違いなく、なんらかの「ブロック解放」につながっていると思います。

とにかく「宇宙エネルギー遠隔」は、「その人にとって、現時点で必要な最高最善のことが起きる」ものですから、まず先に浄化・クリアリングが必要であれば、多少痛みや苦しみが伴うにしてても、そちらから手をつけてしまう、膿出しをさせてしまう、そういうところがあります。

なので、無料版でも、個人の有料版でも、お申込みされる場合は、一応、多少の膿出しがあってもかまわない、という気持ちでお願いできればと。私もなかなかコントロールはできませんので。でも、膿出しを乗り越えたら、確実にひとつ前進しますからね!

「無料版を毎回受けているけど、いつも膿出しばっかり・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。でも、それは、自分の魂の本質とのつながりを取り戻すために、いらないものをどんどんそぎ落としている、自分の意識・エネルギーの断捨離をしているのと同じこと。受け続けていただければ、いつしかきっと自然に、自分本来の求めている方向へと、つながっていくと思いますよ!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!