こんにちは、マモルです。

実は、この3日(日)・4日(月)の2日間、ほとんど、ぐったり寝て過ごしておりました。

2日(土)に行った「先祖解除セッション」の影響もあるかと思いますが、その前の2日間も、けっこう体力的・エネルギー的に自分を酷使していたこと、あべけいこさんのイスラエルツアー・遠隔セッションによるブロック解除(私も申し込んでおります)、雨続きで一気に冷え込んだこと、などが重なってのことでしょう。

が、もう一つ、大きな理由があると思っています。それは・・・

あす、3月6日(水)の、「天王星の牡牛座入り」です。これを前に、大きくエネルギーが動いている気がしまして、その影響を強く受けている感じがしました。

西洋占星術にご興味がある方なら、多くの方がご存知かと思いますが、「天王星」は、約7年かけて、ひとつの星座に滞在します。このため、天王星がある星座に滞在している約7年間を、「ひとつの時代」としてとらえることができます。つまり、明日は、「天王星・牡羊座時代」が終了し、新しい「天王星・牡牛座時代」が始まるわけですね。

そして、天王星は、「革命の星」と言われています。それまでの既成概念を根底から覆し、ぶち壊し、まったく新しい仕組み、価値観を動き出させる星です。

ちなみに、天王星が前回、魚座から牡羊座に移動したのは、2011年3月12日。この前日に何が起きたか?そう、東日本大震災でした。そこから、脱原発をはじめ、大きな価値観の転換が始まっていったのは、皆さんご存知のことと思います。そう考えると、天王星が牡羊座から牡牛座に移動する前日となる今日は、もしかしたら、何かしら大きな出来事が起きるかも?しれませんね。何もないことを祈ります。

一方、その天王星が、今回移動するのは、十二星座中、最も“不動”の星とも言える「牡牛座」です。ある意味、天王星とは、最も合わない星座、とも言えます。

なので、ドカンと一気にあらゆることが激変するような変化変容が起きるのではなく、激しい抵抗感もたっぷりある中で、その本質だけが変わっていく、本物だけが生き残る、という感じの変化変容が進んでいく時代になるのではないかな、と思ったりしています。いわゆる、「二極化が進む」ということとも、なんとなくリンクしますよね。

何より、「天王星」が移動する年に、「新天皇」が即位、というのも、なかなか日本国民にとっては、エポックメイキング的なことではないかな、と思ったりします。ただの語呂合わせではないですよ、たぶん(笑)。

というわけで、明日から、新しい時代の幕開けとなります。それに伴い、ここ数日、エネルギーも大きく渦巻いているような感じがしまして、私に限らず、けっこう体調不良だったり、思考や感情が落ち着かない、という方も、多かったんじゃないでしょうか。

まだしばらくの間、この変化の影響は続くと思います。ちょうど季節の変わり目に差し掛かり、寒暖差も大きく、体への負担も増す時期です。そして、年度末でもあり、皆さん何かといろいろ忙しい時期。どうぞ、体調には十分注意して、無理しないようにお過ごしくださいね。

大変化を迎えるからと言って、過剰に身構えたり緊張したりしてもしょうがありません。リラックスして、この大変化のタイミングを乗り切りましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」ワークショップスケジュールはこちら!

●私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!