こんにちは、マモルです。

さて、2/9(土)10(日)の2日間、私もサポート担当として入らせていただいて開催された、あべけいこさんの「ZOOMアクティベ―ション会」、いろんなお話があって、シェアさせていただきたい内容も盛りだくさんなのですが、なかなか書き起こしも大変でして、とりあえず、一つだけ。

おそらく、あべけいこさんに多くの女性の方が質問したがっていること、それは、「パートナーがほしいんですけど、なかなかできません。どうしたらいいですか?」でしょう。

今回も、参加者の一人から質問がありまして、それに対する回答を、簡単にシェアさせていただきますね。(※書き起こしそのまんまではなく、多少わかりやすく整理しております)

【あべけいこさんの回答】

「自分がどういう人とだったら幸せになれるか、ということを、考えすぎていませんか?それは、ブロックです。全部“恐れ”です。

現実は、自分が創造しています。なんでパートナーが現れないのか、なんでパートナーができないのか、その理由は、自分の外にあるのではなくて、自分がその状態を創っていないんだということ。その“パートナーができない”という状態のエネルギーを、自分が出していて、それを具現化しているだけなんだ、ということに、気づいていかないといけない。

では、どうしたらいいですか?となると、一言でいうと、恐れを手放してね、ということになって、ブロック解放をしてね、こうしたエネルギーワークにとりくんでね、ということになっちゃうんだけど、その上で、まずは、例えば、“こういう人とでなければ、私はこんな風になれないんだ”という思い込みを、捨てること。また、昔のパートナーの面影を、今でも引きずっている人は、それを追い求めないこと。

要するに、外見や収入や性格、自分に対する態度も含め、こういう人でなきゃダメ!という思いは、実はすべてブロック。だからまず、全部、解放する。で、誰でもいいや、別に現れなくてもいいや、それぐらいの感じにまで、手放しちゃう。でも、いないならいないでもいいんだけど、こういう人だったら幸せになれるかもなあ、ぐらいのふわーっとした感じで、思っておく。

すると、突然、“いい人紹介したいんだけど、会ってみない?”という話が来たりする。そしたら、好みじゃないかもしれないけど、とにかく会ってみようか、という感じで、流れに乗っていってみてください。

それは、いわゆる“上の存在”のサポートが入りだした、ということ。そのときに、自分の理想像をがっちり組み敷きすぎていて、「この人じゃないからプイッ!」とか、「人の紹介ではイヤ」みたいなことを言っていると、結局、出会えなくなってしまう。

要するに、自分のストライクゾーンを幅広くしておいて、後は起こることにまかせてみて、それを体験してみる。どうしても、恐れの強い人は、前もって決めすぎていて、食わず嫌いしちゃうんだけど、食べてみたら、意外とおいしかったわ、お気に入りになったわ、そういう流れが起きてきたりしますよ」

・・・なるほど。ちなみに、この質問をされた方には、2年以内に出会い、3年以内に結婚する可能性がある、というお話がありました。どんどんご自身の中のブロックを解放していって、よりよい現実を手に入れていただければと思います。ご参考になさってくださいね。

そして、もうみなさんお気づきだと思いますが、この回答、パートナーだけの話じゃなくて、人生全般について、あてはまりますよね?そう、自分の現実を変えたければ、粛々とエネルギーワークにとりくみながら、余計なこだわりや肩の力を抜いて、流れにのっていく・・・それが一番の早道ですよ!

きょうも明るいほうへ マモル